麻生区版 掲載号:2015年1月30日号 エリアトップへ

東芝・川崎市 DNA検査システムを開発 食中毒菌 2時間で検出

社会

掲載号:2015年1月30日号

  • LINE
  • hatena
共同開発した衛生管理用検査キットを手にする福田市長(右)と綱川社長(左)
共同開発した衛生管理用検査キットを手にする福田市長(右)と綱川社長(左)

 (株)東芝は1月19日、食中毒原因菌を迅速に検出できるDNA検査システムを川崎市と共同で開発、製品化したと発表した。約2時間で病原菌の判定ができ、被害の拡散防止ができる。東芝は「今後も共同で研究を進め、第2第3の製品化を目指していく」としている。

 開発した製品は、食中毒原因菌を迅速に判定できるDNA検査装置とそのシステムに用いる衛生管理用検査キット。従来、4日から5日かかっていた食中毒の原因特定を2時間以内に判定できるようになり、早期の注意喚起、被害の拡散防止にもつながるという。また、検出まで多くの工程を必要としていたが、ほとんどの作業を同検査システムが全自動で行うことで、誰でも検査ができるようになる。東芝は、今後保健所等の行政機関のほか、食品・外食メーカーなどへ販路を拡大して行きたい考え。

 東芝は、東日本大震災の被災地で、衛生環境の悪い中で食中毒が蔓延する現場を目のあたりにし、迅速に原因菌を検査できるシステムの必要性を痛感。市に協力を依頼し、11年から共同研究をスタートさせた。13年3月には「食中毒原因菌の特定を迅速化する検査技術の開発」に関する規約を締結し、東芝は技術を、市は研究成果や微生物のDNA情報などを提供して食の安全・安心、公衆衛生の向上などの技術創出を目指し研究を加速させていた。

 東芝執行役上席常務でヘルスケア社の社長を務める綱川智氏は「今後も連携した取り組みを進め、日本が誇れる次世代の衛生管理体制の構築をめざし取り組んでいく」と話した。

 今後は、毎年患者数が多いノロウイルスの判定用キットや食品の衛生管理検査キットなどの開発を進めていくとしている。

 検査システムは19日から800万円で、検査キットは4月から9500円で国内外に向け販売予定。

麻生区版のローカルニュース最新6

東京2020に「川崎愛」

元川崎F(フロンターレ)部長天野春果さん

東京2020に「川崎愛」 スポーツ

「算数ドリル」、次の一手も

5月17日号

出会い糧に人生4幕目へ

出会い糧に人生4幕目へ 文化

加藤登紀子さんインタビュー

5月17日号

黒川駅前に新拠点

小田急グループ

黒川駅前に新拠点 社会

郊外での「職住近接」を提案

5月17日号

畑で学ぶ「地域デザイン」

和光大生

畑で学ぶ「地域デザイン」 教育

岡上でサツマイモ植え

5月17日号

キャラ弁巡る母娘の交流

キャラ弁巡る母娘の交流 文化

試写会に25組50人を招待

5月17日号

障害児の気持ちを体験

障害児の気持ちを体験 社会

ボランティア養成講座

5月17日号

認知症の母との絆 冊子に

稲城市伊藤千賀子さん

認知症の母との絆 冊子に 社会

希望者に配布中

5月17日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第149回 シリーズ「麻生の歴史を探る」岡上の山伏― 前編

    5月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク