麻生区版 掲載号:2015年2月27日号 エリアトップへ

東芝未来科学館(幸区)の館長を務める 中山 純史(じゅんじ)さん 東京都在住 59歳

掲載号:2015年2月27日号

  • LINE
  • hatena

科学の魅力、未来へ伝える

 ○…東芝の歴史、製品、技術が分かる未来科学館が開館して約1年が経過。館長として、館内の案内をするアテンダントなど約40人のスタッフをまとめる。「管理業務といった裏方ですよ」と謙遜するが、世界の科学をリードする企業で培った経験を生かし、スタッフの意見やアイデアを集約するなど、その手腕に対する信頼は厚い。昨年末には、想定年間入場者数の30万人を超え、40万人に達した。「特に夏休みは来場者が多く、連日入場制限を行う程だった。大変だったよね」と嬉しそうに振り返る。

 〇…東芝は今年140周年を迎える。「当社の歴史はエレクトロニクスの発展と共にあると言ってもいい」と、会社に携わる者として科学技術の発明、製品の普及といった伝統を繋ぐ使命があるという自負がある。館では企業遺産の展示、最先端技術の情報発信、そして来場者を楽しませるイベントを柱としている。自身お気に入りのコーナーは機械遺産に指定されている万年時計だ。「歴史的価値のある館の宝物」と胸を張る。

 〇…東京都出身。大学卒業後、東芝に入社。当時新入社員の研修施設が川崎にあり「不思議と縁のある街。当時と比べるときれいで良い街になったなと思う」。本社では事務系の仕事に携わり、シンガポールに出向したことも。趣味は読書。「以前はゴルフや登山などアクティブにやっていたけど体が続かなくってね。無理はしない」と笑う。

 〇…「もっと展示物を充実させ、誰でも分かりやすいような案内ができるようにしたい」と意欲をみせる。さらに「とにかく楽しんで、体験してもらうこと」が持論だ。そうすることが一番印象に残るから。「アンケートに『楽しかった』『満足している』との声があると嬉しい」と笑顔を見せる。「子どもから年配の方、外国の方まで楽しめる場所。より多くの方々にご来場いただきたいですね」。科学館の未来を見据える表情が輝いていた。
 

麻生区版の人物風土記最新6

小泉 清さん

国交省から表彰を受けた早野聖地公園里山ボランティアの会長を務める

小泉 清さん

上麻生在住 71歳

8月9日号

萩坂 心一さん

平和の大切さを継承する市民団体「平和を願う会」で共同代表を務める

萩坂 心一さん

多摩区在住 61歳

8月2日号

永井 和美さん

子育てママの地域ネットワーク「Linkmama」の代表を務める

永井 和美さん

栗平在住 44歳

7月26日号

三輪 輝子さん

創作人形作家で7月25日から都内で個展を開催する

三輪 輝子さん

王禅寺西在住 71歳

7月19日号

成田 正弘さん

川崎白百合ライオンズクラブの2019-20年度会長を務める

成田 正弘さん

五力田在住 44歳

7月12日号

親松 明さん

2019-2020年度川崎麻生ロータリークラブ会長の

親松 明さん

早野在住 78歳

7月5日号

辻村 一男さん

7月に恩廻公園調節池の見学会を行う「CCあさお」代表の

辻村 一男さん

王禅寺西在住 77歳

6月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

活弁付上映を野外で

活弁付上映を野外で

西生田小で初開催

8月24日~8月24日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第155回 シリーズ「麻生の歴史を探る」蚕影山信仰 後編 文:小島一也(遺稿)

    8月9日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク