麻生区版 掲載号:2015年4月3日号 エリアトップへ

かわさき産業親善大使に任命されたフリーアナウンサー 鈴木 裕子さん 市内事務所所属

掲載号:2015年4月3日号

  • LINE
  • hatena

生きた言葉で「川崎愛」発信

 ○…テレビ神奈川の情報番組「LOVEかわさき」の初代アシスタントや初代川崎工場夜景ナビゲーターとしての活動、「かわさきハロウィン」や「Buyかわさきフェスティバル」など市内イベントの司会を多数担当した実績から、産業親善大使に抜擢された。「大使として、台本や原稿にない私の言葉で川崎の魅力を発信していきたい」

 〇…川崎と横浜の市境、鶴見区で生まれ育った。幼い頃に親や学校の先生から「本を読むのが上手」「優しくてきれいな声」と褒められたのが嬉しくて、「声の仕事」をすることを夢見てきた。短大卒業後は、親の期待に応えようと声の仕事の夢は一旦胸の内に留め、一般企業に就職し、幸区に移り住んだ。その後ショールームの説明員に転職した際「暗記した言葉だけを口が喋っていた。自分の生きた言葉で伝えたい」と気持ちが再燃し、28歳の時アナウンサーの門戸を叩いた。「人が好きで好奇心旺盛だったので、すぐに夢中になった。地元神奈川での仕事が多かったのは幸運」

 〇…川崎大師の久寿餅は子どもの頃から好んで食べている思い入れの深い味。「川崎にはおいしいお店がたくさんある」と続ける趣味の食べ歩きも、地元を知ることに一役買っている。「第1回川崎産業観光検定」を受け合格するほど、幼い頃から生活圏内としてきた川崎への愛着は強い。最近では、特に「工場夜景には無駄な装飾が一切なく、黙々と働く工場たちを見ていると癒され、勇気づけられることもある」という。

 〇…心を込め、愛を込め仕事をする。そのために大切な準備をしようと、麻生区の禅寺丸柿や多摩区生田緑地ばら苑など市内の端から端まであらゆるものに触れ、「自分の言葉」を紡いでいく。「イベントの司会では来場者に『来てよかった』と言ってもらい、アナウンサーとしては番組の視聴者に少しでも川崎に興味をもってもらうことを目指していきたい」

麻生区版の人物風土記最新6

米倉 日呂登(ひろと)さん

白山子ども図書館ほんの森で6月29日、父親の作品の朗読などを行う

米倉 日呂登(ひろと)さん

王禅寺西在住 60歳

6月21日号

アリマ・ジュンコさん本名・森原順子

イラストレーターとして6年ぶりとなる個展を都内で開催する

アリマ・ジュンコさん本名・森原順子

千代ヶ丘在住 70歳

6月14日号

中野 浩さん

桐光学園中学校・高等学校の校長に就任した

中野 浩さん

横浜市在住 61歳

6月7日号

藤田 直哉さん

東日本大震災にまつわる文芸誌「ららほら」を編著、創刊した

藤田 直哉さん

日本映画大学専任講師 36歳

5月31日号

ヤオ オフェイ アモアベンさん

日本の国民性などを外国人目線で語る講座を市民交流館やまゆりで行う

ヤオ オフェイ アモアベンさん

上麻生在住

5月24日号

小林 唯さん

劇団四季『パリのアメリカ人』横浜公演出演者の一人の

小林 唯さん

横浜市在住 劇団四季俳優

5月17日号

大村 哲郎さん

先月から麻生警察署の署長を務める

大村 哲郎さん

千代ヶ丘在住 59歳

4月26日号

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

自作ロケットを飛ばそう

自作ロケットを飛ばそう

発明クラブの夏休み企画

7月15日~7月15日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク