麻生区版 掲載号:2015年6月26日号 エリアトップへ

麻生署管内振り込め詐欺 半年で昨年被害額上回る 年金情報漏えいも懸念

社会

掲載号:2015年6月26日号

  • LINE
  • hatena
新聞店も啓発チラシ折り込みで協力
新聞店も啓発チラシ折り込みで協力

 麻生警察署管内で、振り込め詐欺の被害が急増している。6月中旬には集中的に被害の報告があり、今後は年金情報漏えいに伴う詐欺被害も想定されることから、同署では警戒を強めている。

 今年1月から6月22日まで、約半年間の振り込め詐欺発生件数は13件(検挙1件含む)で、昨年1年間の発生件数16件を上回るペースで被害が拡大している。被害額は4200万円に達し、既に昨年全体の被害額3200万円を超えている。麻生警察署の調べによると、川崎市内では件数、被害額でワースト、県内で見ても茅ヶ崎市の21件5300万円に次ぐ規模に達している。他市と比べても被害額の大きさが目立っているという。

無人ATMへの誘導も

 被害件数を押し上げたのが6月9日と10日の2日間。親族を装ったオレオレ詐欺や、区役所の女性職員に成りすまし医療費還付を謳った詐欺が2日間で立て続けに4件発生している。特徴として、無人のATM設置場所に誘導し、職員の目が届かない場所での被害発生が目立つ。同署では「70代や80代といった高齢者へ判断を鈍らせるような巧妙な手口が多い。金融機関の水際での阻止や一人ひとりの注意喚起は勿論だが、それだけでは防ぐことが出来ないこともある。異常ともいえる状況なので区民全員が被害防止への意識を持ってほしい」と話している。

地域も注意喚起に協力

 今年5月末に発生したサイバー攻撃による日本年金機構の個人情報漏えい問題で、県内でも不審な電話が確認されている。このことを受け、麻生区古沢の新聞販売店、(株)あかもと本舗(赤本昌応代表取締役社長)が6月19日、注意を呼び掛けるチラシを日刊紙朝刊と併せて配布した。この啓発チラシは麻生署が作成したもの。同社では地域の防犯団体や警察からの要請を受け、2万2千部を無償で朝刊4紙に折り込んだ。茂木久芳専務取締役は「地域があっての仕事なので自分たちが出来ることは快く協力していきたい」と話している。

 麻生署では年金情報の漏えいを口実にした振り込め詐欺と、個人情報の詐取などが今後懸念されることから「年金機構側から金銭の要求やATM操作をお願いすること、家族構成などの確認は一切ないのでオレオレ詐欺同様、不審な電話には応じないでほしい」と注意を呼びかけている。

麻生区版のトップニュース最新6

市内96人、任期満了へ

民生委員児童委員

市内96人、任期満了へ 政治

高齢化、担い手不足に課題

8月23日号

在宅シニアの集い1周年

在宅シニアの集い1周年 社会

延べ260人が参加

8月23日号

千人減 早期入居に成果

特養申請者

千人減 早期入居に成果 社会

市、窓口一本化で「見える化」

8月16日号

「休み明け、悩める子に手を」

「休み明け、悩める子に手を」 教育

自死遺族団体 18日シンポ

8月16日号

「未来都市」に川崎市

国連SDGs

「未来都市」に川崎市 社会

環境施策、将来性など評価

8月9日号

防空壕からキクラゲ出荷

区内在住小山仁美さん

防空壕からキクラゲ出荷 文化

「戦争の記憶 知る機会に」

8月9日号

活動30年 主催演奏会に幕

三曲あさお

活動30年 主催演奏会に幕 文化

今後は次世代育成に注力

8月2日号

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

まちに賑わいと愛着を

まちに賑わいと愛着を

百合丘ふるさとまつり

9月29日~9月29日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク