麻生区版 掲載号:2015年6月26日号 エリアトップへ

27日に多摩市民館でイベントを開く「地域から平和を考える会」の代表を務める 木村 雅子さん 上麻生在住 67歳

掲載号:2015年6月26日号

  • LINE
  • hatena

地域で平和をつなげたい

 ○…「あまり報道されないけれど、今知るべき大事な現実がある。発信していかなくてはいけない」。27日(土)に多摩市民館で、新潟水俣病を追ったドキュメンタリー映画『阿賀に生きる』を上映する。92年に製作された同映画をヒントに、福島原発事故を新たな視点で見直そうと企画した。「遠出しなくても、何かのついでに立ち寄れるようにというのも会のテーマ。地域の何気ない人に見てほしい」

 ○…「平和」と「人権」をテーマに2005年から活動している。これまで戦争や原発、放射能問題などをテーマに写真展や映画上映を開催してきた。沖縄の基地問題を訴えた写真展が脳裏にある。見学者と話すうちに、投げかけられる疑問や質問に答えられない自分に気づいた。「もっと勉強しなくちゃ」という危機感から、今年になって日米地位協定の読書会を始めた。「同じ考えの人同士で話すのではなく、素朴な人の疑問にこたえたい」

 ○…富山県出身。川崎市の小学校元教員。戦後すぐの生まれで「家族団らんに戦争はもうこりごりという空気があった」という。60年安保闘争の際は中学生だった。「あんなにたくさんの人が反対したのに…。10年後の改定時には自分も頑張らなければと思った」と振り返る。戦争や差別の他に、環境問題や介護など興味は幅広い。「人権が守られる環境が平和ということ。弱者を見過ごせない。それってありなのと問いたい」

 ○…同会のメンバーは主婦を中心とした15人。その時々で問題提起すべきテーマは何かを毎回全員で話し合う。「メンバーには様々な人生背景と切実な思いを抱える人もいる。私が代表なのは一番ルーズだから。なんとかなるさと言えるから」と捉えている。暮らしの中で感じる問題を軸に地域から平和を考えることに意味を感じている。「自分と身近にならないと考えられないという人は意外と多い。普通の暮らしの中で、どう考えるかが大切」

麻生区版の人物風土記最新6

小泉 清さん

国交省から表彰を受けた早野聖地公園里山ボランティアの会長を務める

小泉 清さん

上麻生在住 71歳

8月9日号

萩坂 心一さん

平和の大切さを継承する市民団体「平和を願う会」で共同代表を務める

萩坂 心一さん

多摩区在住 61歳

8月2日号

永井 和美さん

子育てママの地域ネットワーク「Linkmama」の代表を務める

永井 和美さん

栗平在住 44歳

7月26日号

三輪 輝子さん

創作人形作家で7月25日から都内で個展を開催する

三輪 輝子さん

王禅寺西在住 71歳

7月19日号

成田 正弘さん

川崎白百合ライオンズクラブの2019-20年度会長を務める

成田 正弘さん

五力田在住 44歳

7月12日号

親松 明さん

2019-2020年度川崎麻生ロータリークラブ会長の

親松 明さん

早野在住 78歳

7月5日号

辻村 一男さん

7月に恩廻公園調節池の見学会を行う「CCあさお」代表の

辻村 一男さん

王禅寺西在住 77歳

6月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

活弁付上映を野外で

活弁付上映を野外で

西生田小で初開催

8月24日~8月24日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第155回 シリーズ「麻生の歴史を探る」蚕影山信仰 後編 文:小島一也(遺稿)

    8月9日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク