麻生区版 掲載号:2015年8月21日号 エリアトップへ

川崎市 SNSで子育て情報発信 7区の統一ページを開設

社会

掲載号:2015年8月21日号

  • LINE
  • hatena
完成したページをアピールするこども支援室の職員
完成したページをアピールするこども支援室の職員

 川崎市内7区のこども支援室がFacebookとTwitterのSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を活用した子ども・子育ての情報発信を先ごろスタートさせた。今年度、同事業の幹事を務める高津区こども支援室によると、7区の情報を一つにまとめることで様々な効果が期待できるという。

 これまで各区の子ども情報の発信手段は、市の広報紙「市政だより」の掲載かチラシが主だった。そんな中、昨年10月から宮前区役所こども支援室がFacebookとTwitterを活用した情報発信をスタート。当時の宮前区こども支援室長で現高津区こども支援室長の青山正彦さんは「子育て世代はスマホやパソコンで情報を入手することが多い。地元だけでなく全国にも情報発信できるSNSの利便性、速報性を使わない手はない」と語る。

 今年度は宮前区での事業をベースに7区こども支援室の統一ページを企画、ページを開設した。それぞれの区のこども支援室が子ども・子育てに関するイベント情報などを投稿している。

 7区のサービスを一つのページで配信することで、区境に住む市民が参加しやすいイベント情報を得たり、市内の様々な子ども情報を入手することができる。

 また青山さんは「7区統一にすることで他区のイベントなども一緒に紹介される。他区と比較されることになるので職員の刺激にもなる。競争意識でより良い子育て環境が整備できれば」と話す。

 それぞれのアドレスはFacebook(https://www.facebook.com/kawasaki.kodomosien)、Twitter(@kawasaki_kodomo)。市HP(http://www.city.kawasaki.jp/takatsu/page/0000068973.html)にリンクが貼られている。
 

麻生区版のローカルニュース最新6

弥生の麻生まっ白に

弥生の麻生まっ白に 社会

満開のサクラもブルブル

4月3日号

新1年生に登校グッズ寄贈

新1年生に登校グッズ寄贈 社会

JAら交通安全願い

4月3日号

地元の宝守ろう

地元の宝守ろう 社会

 町内会 麻生川沿いで清掃

4月3日号

市、イベント自粛を解除

市、イベント自粛を解除 社会

4月以降は「主催者判断」

3月27日号

災害時営業ひと目で判断

市薬剤師会

災害時営業ひと目で判断 社会

開局中イエローフラッグ

3月27日号

「街に溶けこむ施設に」

片平地域包括支援センター

「街に溶けこむ施設に」 社会

4月1日 栗平駅前に移転

3月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月6日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク