麻生区版 掲載号:2015年9月4日号 エリアトップへ

明日から川崎市アートセンターで公開される映画「ゆずり葉の頃」で初メガホンをとった 岡本 みね子さん 多摩区在住 77歳

掲載号:2015年9月4日号

  • LINE
  • hatena

「無謀な挑戦を観て頂きたい」

 ○…これまで映画プロデューサーとして活躍してきたが、76歳(撮影時)にして初監督を務めた。八千草薫、仲代達矢、岸部一徳ら豪華キャストがデビュー作「ゆずり葉の頃」を盛り上げる。「年配の方が主演する映画には、介護や認知症などをテーマにした作品が多いが、フランス映画のようなロマンチックなものを撮りたかった」と話す。作品を通して、人のもつ優しさを認識することがよりよい老後につながっていく、ということを伝える。

 ○…多摩区出身。早稲田大学に入学後、映画研究会に入会。日本シナリオ作家協会の第1期生として、大学3年の頃には、テレビ番組のシナリオをすでに月5本以上書いていた。映画研究会では「独立愚連隊」や「日本のいちばん長い日」など数々の名作を残した故岡本喜八監督と出会い、結婚。「まさか奥さんになるとは思っていなかった」と照れ笑いを浮かべる。子どもが生まれてからもシナリオを書いていたが多忙になり、プロデューサーとして夫を支えてきた。

 ○…多摩区の大自然の中、多摩川や田畑に囲まれて育った。「多摩川の清流で、小学6年生の時まで泳いで遊んでいた。山の上から見る大自然の風景は本当にきれい」と語る。「映画ぐらいしか娯楽はなかった」と、子どもの頃から向ヶ丘遊園にあった映画館などによく行っていたという。

 ○…今作では当初、監督をやろうとは考えておらず、約35年のブランクがある中、シナリオだけを書こうとしていた。しかし、自身で監督をやらなければ予算が足りず、挑戦することに。「監督は一人で全責任を負う孤独な仕事でつらかった。作品が出来てから公開までこぎつけるのは、もっと大変だった」と振り返る。「この歳になってしてしまった私の無謀な挑戦をぜひ観ていただきたい。アートセンターや日本映画大学など、映画文化が浸透してきたこの地元で、後に続く人の何かのきっかけになれば」

麻生区版の人物風土記最新6

小林 亜希子さん

麻生区内をはじめ全国で活躍する二胡奏者の

小林 亜希子さん

万福寺在住 

11月27日号

脇坂(わきざか) 泰斗さん

川崎フロンターレMFで背番号「8」を付けてプレーする

脇坂(わきざか) 泰斗さん

横浜市青葉区在住 25歳

11月20日号

今井 祐之(ゆうと)さん

麻生区合唱連盟理事を務めるなど区内で合唱活動に尽力する

今井 祐之(ゆうと)さん

上麻生在住 31歳

11月13日号

松信 健太郎さん

県内を中心に40店舗展開する(株)有隣堂の社長に就任した

松信 健太郎さん

港北区在住 47歳

11月6日号

佐藤 季子さん

地域情報サイト「ロコっち 新百合ヶ丘」の編集長を務める

佐藤 季子さん

片平在住 44歳

10月30日号

安岡 卓治さん

25日から開催する「KAWASAKIしんゆり映画祭」の実行委員長を務める

安岡 卓治さん

日本映画大学教授 66歳

10月23日号

あっとほーむデスク

  • 11月27日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

女性・子どものため活動20年

NPO法人花みずき

女性・子どものため活動20年

 記念コンサート開催

12月5日~12月5日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク