麻生区版 掲載号:2015年9月11日号 エリアトップへ

市学校給食センター 北部も東洋食品が運営へ 3階建ての計画に評価

社会

掲載号:2015年9月11日号

  • LINE
  • hatena
(仮称)川崎市北部学校給食センターの完成イメージ
(仮称)川崎市北部学校給食センターの完成イメージ

 川崎市は1日、「(仮称)川崎市北部学校給食センター」(麻生区栗木2の8の3)を整備・運営する事業者が東洋食品グループとなったと発表した。入札では、同社グループの3階建てとなる北部給食センターの事業計画などが評価された。同社グループは「(仮称)川崎市南部学校給食センター」も落札している。

 市は中学校給食に関し、センターの建設から維持管理・運営までを民間のノウハウや資金を活用して行う「PFI方式」を用いる方針を昨年発表。北部給食センターでは、2017年12月からの完全実施をめざし、今年3月に事業者の一般競争入札を行っていた。

 落札した東洋食品グループは、(株)東洋食品を代表企業とする6社で構成される(その他協力1社)。落札金額は75億373万6235円。同社グループの提案書では、北部給食センターは建築面積約1461平方メートルで、他の給食センターに比べ、用地が狭く地上3階、地下1階の構造(鉄骨造)となる計画だ。市担当者よると、複層階の給食センターは非常に珍しく、東大阪で複層階センターの運営実績がある同社グループの、経済性と作業性を兼ね備えた事業計画が評価されたという。その他、維持管理の安定性、調理過程の安全性が評価された。

 北部給食センターは1日6千食を供給し、麻生区の西生田中、金程中、長沢中、麻生中、柿生中、王禅寺中央中、白鳥中、多摩区の枡形中、南菅中、菅中、生田中、南生田中への配送を行う。今回は「PFI方式」の中でも、事業者が施設を整備し、市に施設の所有権を移転した後、事業者が維持管理・運営を行う「BTO方式」がとられる。

 尚、北部センターと南部センターで同じ事業者となったことに対し、市は「それぞれで入札を行い、結果的にそうなったもので、特に意味はない」としている。

麻生区版のトップニュース最新6

活動の場広げ20年

芸術のまちコンサート

活動の場広げ20年 文化

来月で演奏会145回目

11月20日号

操縦士 昼夜2人体制へ

川崎市消防ヘリ

操縦士 昼夜2人体制へ 社会

国基準、段階的に増員

11月20日号

読響と協力しコンサート

はるひ野町内会

読響と協力しコンサート 社会

会場とオンラインで初開催

11月13日号

年内にワイン醸造開始

農業法人カルナエスト

年内にワイン醸造開始 経済

特区認定受け、免許取得

11月13日号

黒板アートで全国1位

金程中美術部

黒板アートで全国1位 文化

同校から2年連続

11月6日号

在籍者10年で1.5倍

市立小中特別支援学級

在籍者10年で1.5倍 教育

教員数の確保に課題

11月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク