麻生区版 掲載号:2015年12月11日号 エリアトップへ

柿生陸橋 拡幅に向け取り組み進む 市、年度末の事業化めざし

社会

掲載号:2015年12月11日号

  • LINE
  • hatena
慢性的な渋滞箇所となっている柿生陸橋
慢性的な渋滞箇所となっている柿生陸橋

 川崎市では現在、小田急線を跨ぐかたちで通る主要地方道横浜上麻生の「柿生陸橋」拡幅の事業化に向け、取り組みを進めている。今年度中に地質調査や地域に向けた説明会を行っていく予定だ。

 世田谷町田線に繋がる上麻生交差点付近や柿生陸橋は、朝夕にかけて慢性的な渋滞が発生している場所。

 川崎市ではこれまで、2012年10月に路線測量の説明会を開催し、その後、上麻生交差点から青葉区方面に向かう約400メートルの測量と道路の概略設計を実施。また14年度には柿生陸橋の橋梁概略設計を行うなど、道路の拡幅に向けた取り組みを行ってきた。今年度の地質調査では、構造物の破損や沈下、傾斜がないよう地盤を確認する作業となる。

 川崎市建設緑政局道路整備課では今ある橋に隣接する橋を新設することで道幅を確保し、上麻生交差点を右折・左折用レーン帯にすることで渋滞緩和を図っていきたいとしている。また歩道の整備も行い、歩行者などの安全確保も行いたいとしている。

 関係者は「現時点で行っているのは正式な事業化に向けた前段階の取り組み。今年度末を目途に事業説明会を実施して事業着手に繋げていきたい。説明会の際に今後の具体的な整備方針やスケジュールを示していきたい」と話している。

麻生区版のトップニュース最新6

初の単著で大臣新人賞

和光大学教授

初の単著で大臣新人賞 教育

越中おわら風の盆を描く

4月3日号

入学式 来週実施へ

市立学校

入学式 来週実施へ 社会

授業再開は検討続く

4月3日号

子年だけの観音開帳

星宿山王禅寺

子年だけの観音開帳 文化

12年に一度 4月1日から

3月27日号

新制度に相談急増

川崎市中小融資

新制度に相談急増 経済

コロナ窓口、半月で875件

3月27日号

国文化財に正式登録

二ヶ領用水

国文化財に正式登録 文化

川崎市 案内板新設へ補助金申請

3月20日号

親子向け行事ガイド完成

区民会議発市民団体

親子向け行事ガイド完成 教育

魅力知り「ふるさと」感じて

3月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月6日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク