麻生区版 掲載号:2015年12月11日号 エリアトップへ

蕎麦商組合 授産学園で最後の奉仕 自慢の味34年間提供

社会

掲載号:2015年12月11日号

  • LINE
  • hatena
心を込めて調理する参加者
心を込めて調理する参加者

 「川崎稲生蕎麦商組合」(多摩区・麻生区/平山政則組合長)が11月30日、区内細山の障害者支援施設「川崎授産学園」で蕎麦とうどんを利用者やボランティア、地域の自治会関係者らに振る舞った。

 1982年から毎年続けられている同組合によるこの取り組みは、新蕎麦の季節に施設の利用者や保護者、地域の人に蕎麦などを味わってほしいと、無料で実施されてきた。材料などを協力商社からの提供で賄いながら、組合員はこれまで臨時休業して駆けつけるなど34年間奉仕を続けてきたが、今回が最後の取り組みとなった。

 今年は最後ということもあり、組合では退会した元組合員などにも声をかけ14人が参加。毎年人気だったという天ぷら蕎麦に加え、天ざるや山菜蕎麦、カレー蕎麦など約470食を作り上げ、惜しまれつつも最後となる提供を行った。

 平山組合長は「開校当時から実施してきた慰問活動は組合活動の中でも主軸といえるものでやめてしまうことは苦渋の選択だった。授産学園での慰問活動は終了しますが、ボランティアの気持ちは持ち続けていきたい。34年間という繋がりを閉ざさず、今後どのようなことができるかを考えていきたい」と話していた。

麻生区版のローカルニュース最新6

箏の楽しさ教える

箏の楽しさ教える 文化

「三曲あさお」講習会

3月27日号

ワイン特区に決定

市北部

ワイン特区に決定 文化

「かわさきそだち」国が認定

3月27日号

サクラ満開

サクラ満開 社会

3月27日号

市、イベント自粛を解除

市、イベント自粛を解除 社会

4月以降は「主催者判断」

3月27日号

災害時営業ひと目で判断

市薬剤師会

災害時営業ひと目で判断 社会

開局中イエローフラッグ

3月27日号

「街に溶けこむ施設に」

片平地域包括支援センター

「街に溶けこむ施設に」 社会

4月1日 栗平駅前に移転

3月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月6日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

箏・尺八の体験会

箏・尺八の体験会

4月、小中学生が対象

4月4日~4月5日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク