麻生区版 掲載号:2016年2月12日号 エリアトップへ

いなげや新ゆり門平さん ベスト店長大賞に 全国の2万店から選出

経済

掲載号:2016年2月12日号

  • LINE
  • hatena
大賞を受賞した門平一夫店長
大賞を受賞した門平一夫店長

 いなげや新ゆりヨネッティー王禅寺前店(区内東百合丘)の門平一夫店長(58)が、一般社団法人新日本スーパーマーケット協会による「第8回ベスト店長大賞」をこのほど受賞した。(株)いなげや=本社・東京都立川市=では系列店舗含めた全153店で、同賞を受賞したのは今回が初めてだという。

 日本全国に2万店あるといわれるスーパーマーケットの店長が対象となる同賞。選考はまず、一般消費者によるインターネット投票による優秀店舗の抽出が行われ、この時点で約400の店舗が選出。その中から報道機関の流通担当記者による推薦を経て、選考委員が「新店・改装店」と「既存店」から1人ずつ大賞を決定した。

 同店がオープンしたのは昨年9月で、今回は「新店・改装店部門」のベスト店長大賞を獲得した。主催する新日本スーパーマーケット協会では「新店・改装店部門は業界の記者が実際足を運んで取材している店舗が多く、その中から優れた取り組みを行っている店長が選ばれている。いなげや新店舗の大賞受賞は、今までのスーパーのイメージと違い、ゆったりとした商品陳列や地域性に合わせた健康食材コーナーを設けるなど、進化した姿勢が評価されたのでは」と話している。

地域に永く根付く店に

 門平店長は受賞に際し「ベスト店長大賞という賞があるのは知っていて、以前『立派な店長がいるもんだな』と思った記憶はあるんですが、まさか自分が選ばれるとは思ってもいませんでした」と笑う。同大賞の選考は「良い店の店長が優秀な店長」という仮定に基づき選出されていることについて「店は私一人で創り上げたわけではありません。新規オープンする前はバイヤーや本部が思いを込めて商品を選び、その後にお客様から良い店だと思って頂けるのは日々のスタッフによるものです」と話す。

 現在いなげやは、チラシで目玉商品を紹介してそれを大量に陳列するといった従来のスタイルを採用せず、来店者の生活シーンを想像して商品提案する店舗作りを行っているという。門平店長は「今回の受賞はいなげやが全国的に認められたという意味でも光栄なことで、私もスタッフも励みになりました。これからも地域に永く根付くような愛される店作りを心掛けていきたい」と話している。

店長を囲むスタッフ(オープン時)
店長を囲むスタッフ(オープン時)

麻生区版のトップニュース最新6

実用化へ有償運行開始

しんゆりシャトル

実用化へ有償運行開始 社会

ニーズを検証 5月まで 

2月26日号

「区民会議」刷新 案示す

川崎市

「区民会議」刷新 案示す 社会

2024年度、本格始動へ

2月26日号

食住近接地で完熟イチゴ

【Web限定記事】

食住近接地で完熟イチゴ 社会

昨年オープン 早野の農園

2月19日号

地域防災力向上に貢献

Web限定記事はるひ野町内会

地域防災力向上に貢献 社会

市功労者で表彰

2月19日号

オンラインで初開催

区総合防災訓練

オンラインで初開催 コミュニティ社会

学習コンテンツなど発信

2月12日号

コロナ対策に217億円

川崎市予算案

コロナ対策に217億円 社会

追加予算見据え、経営支援

2月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月26日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

研修会で詐欺防止へ

研修会で詐欺防止へ

動画上映・講演会も

3月12日~3月12日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク