麻生区版 掲載号:2016年3月18日号
  • googleplus
  • LINE

父子家庭の悩み浮き彫りに すくらむ21が調査報告書

社会

 川崎市男女共同参画センター(すくらむ21)はこのほど、「シングルファーザー生活実態インタビュー調査報告書」を発行した。友人等のつながりの少なさ、非正規社員への変更・転職など、仕事と子育ての両立への父親の悩みが浮き彫りになった。

 本調査は、同センターが父子家庭における生活実態やニーズを把握し、有効な支援事業の実施につなげることを目的に行ったもの。川崎市のひとり親家庭施策担当部署と連携し、昨年1〜3月に市内在住のシングルファーザー30人にインタビューを実施。就労と経済状況、シングルマザーとの差異などの側面から現状を分析。昨年6月には調査報告会も実施している。

 調査の結果、仕事と育児の両立が難しく、長時間労働や経済的困難に陥る父親が多いことが明らかになった。就労と家事育児の両立という側面からみると、シングルマザーは収入が高い仕事を選ぶ傾向にあるが、シングルファーザーは長時間労働を考慮し、収入が減っても子育てと両立しやすい仕事を選ぶパターンが多い。毎日の家事や育児などのマネジメントの負担感も大きいという。

 子どもとの接触時間の短さや、コミュニケーション・ギャップの大きさも課題となっている。シングルファーザーの社会的孤立なども大きな課題となっており、親族への依存度は高いが、友人や地域と関係づくりを行わない傾向も見られた。

 国はひとり親家庭支援として、児童扶養手当の支給と就労支援、子育て支援などの公的支援を行っている。しかし、シングルファーザーが対象になったのは2010年度以降で、所得が児童扶養手当の所得制限よりも高いと、その他の公的支援も適用されず、シングルマザーと比べて不平等、情報が届かないという声もある。

 今後取り組む課題として、調査プロジェクトメンバー座長のお茶の水女子大学の戒能(かいのう)民江名誉教授は、「子どもへの独自の支援」や「シングルファーザーやその子どもたちを支えていくネットワーク作り」などが求められるとしている。

 調査報告書は、男女共同参画センターや、川崎市立図書館(本館)で閲覧できる。調査に関する問い合わせは同センター(【電話】044・813・0808)。

麻生区版のローカルニュース最新6件

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

悩む子育て 見直す講座

悩む子育て 見直す講座

市民館で11月から全4回

11月16日~11月16日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • あさおマンスリー

    10月 October

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    10月5日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第134回 シリーズ「麻生の歴史を探る」津久井街道〜登戸宿、竹の花宿 後編

    9月28日号

  • 歯ウ・トゥ・ケア

    ホワイトファミリーつつみ先生の

    歯ウ・トゥ・ケア

    How To Care vol.08予防ケアで効果が大きいのは3ミクロン糸Y字フロスの活用!

    9月28日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年10月5日号

お問い合わせ

外部リンク