麻生区版 掲載号:2016年9月2日号 エリアトップへ

正伝流空手道中村道場 全日本選手権で活躍 ジュニア大会でタイトル

スポーツ

掲載号:2016年9月2日号

  • LINE
  • hatena
 「YATSUGATAKE CUP」で活躍した(左から)鶴岡君、須藤君、安徳さん、三上さん
「YATSUGATAKE CUP」で活躍した(左から)鶴岡君、須藤君、安徳さん、三上さん

 麻生区や稲城市などの子どもたちが通う「正伝流空手道 中村道場」(東京都稲城市平尾)門下生が、先ごろ行われた「カラテドリームフェスティバル2016国際大会(全日本小学生空手道選手権2016)」や、「第10回YATSUGATAKE CUP ジュニア空手道選手権大会」で活躍を見せた。

 外国支部の選手も出場した「カラテドリームフェスティバル2016国際大会」では、組手 小学3年男子重量級で鶴岡太一朗君が、組手 小学5年男子重量級で須藤泰冴君がそれぞれ3位に入賞。鶴岡君は「初めての大会でいい結果が残せたので、来年はさらに上の優勝を目指して頑張りたい」と話した。「3試合も延長戦になり、体力的にもきつかったので、スタミナや技をもっと磨き、優勝をめざして来年も挑戦したい」と須藤君。

 また、「YATSUGATAKE CUP」では、小学5年男子35kg以上で須藤君が優勝、小学5年女子35kg以上で三上千晴さんが準優勝、中学女子55kg未満で安徳優里奈さんが準優勝、小学3年男子27kg以上で鶴岡君が3位という成績をおさめた。

 三上さんは「惜しくも準優勝となってしまい、自分でもあまり納得のいく試合ができませんでした。残り10秒くらいで、一番体力が切れるので、踏ん張って攻撃することが大切だと思いました」と語った。安徳さんは「全力で挑みましたが、準優勝で終わってしまい、悔しい思い。次の全日本大会では優勝できるように、稽古に加え、自分でも練習し頑張りたい」と、それぞれ貪欲な姿勢を見せた。

麻生区版のローカルニュース最新6

困ったことがあれば相談

【Web限定記事】

困ったことがあれば相談 社会

市内各種窓口を紹介

5月29日号

図書館が再開

【Web限定記事】

図書館が再開 文化

サービスは限定

5月29日号

家庭ごみ、南北縦断

【Web限定記事】

家庭ごみ、南北縦断 社会

巣ごもりで5〜20%増

5月29日号

文化の担い手を応援

【Web限定記事】

文化の担い手を応援 文化

5万円を支給

5月29日号

外で元気に畑しごと

外で元気に畑しごと 教育

 岡上で種まき

5月29日号

オリジナル除菌ソング公開

【Web限定記事】かわさきレビューESP

オリジナル除菌ソング公開 文化

「マツケンサンバ」真島さん振付

5月22日号

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 3月6日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク