麻生区版 掲載号:2016年12月16日号 エリアトップへ

11月のアジア選手権で水球日本代表として初の金メダル獲得に貢献した 飯田 純士(あつと)さん 宮前区在住 22歳

掲載号:2016年12月16日号

  • LINE
  • hatena

支援に感謝し東京を目指す

 ○…今年夏のリオ五輪に続き11月に東京で開かれたアジア選手権に水球日本代表として出場。初の金メダル獲得に貢献した。「優勝するまで初めてということは知りませんでした。歴史的なことに関われて大変うれしいです。32年ぶりのオリンピック出場を経て、着実に強くなっていることを知ってもらえたかなと思います」と笑顔で語る。オリンピックについては、「常に緊張感があったが楽しめた」と振り返る。

 〇…水球を始めたのは小学3年生のとき。親に言われやっていた水泳に少々飽きてきた頃、3つ上の兄がやっているのを見て、自発的に飛び込んだ。「水の中でボールを扱うこと、試合中常に浮いていることなどが不思議に見え、やってみたら想像以上に難しかったが、ワクワク感がたまらなかった」とどっぷりはまった。中学・高校と部活は水泳、水球はスイミングクラブでという生活を過ごし、名門日本体育大学へ。いつしか競技者として勝ちにこだわるようになったが、子どもの頃に感じた楽しさを失うことはなかったという。

 〇…青森市で生まれ育ち、遊びも含め自然の中で過ごした。「やんちゃだった」という子ども時代は、よく親が学校に呼ばれていたと苦笑する。この春からは東京ガスエスネット(株)に就職。社会人1年生として、競技と仕事の両立を目指す。「会社の理解もあり、職場のスタッフもよくしてくれます。日々の食事面もサポートしてくれる人がいるのですごくありがたいです」と、周りへの感謝を口にする。

 〇…世界での戦いを経て自分自身の課題もみつかった。「東京オリンピックに出たい」。そのためのレベルアップは必須だ。同時に水球のさらなる発展にも尽力したい。「講演のお話などもいただいたりするので、それら全部をこなしていくことが大事だと思う。いろいろな人の助けを借り、感謝を力にしてがんばりたい」。2020年に向けて、チャレンジは続く。

麻生区版の人物風土記最新6

森 光彦さん

1月28日に恒例の「だるま市」が行われる、麻生不動院の住職

森 光彦さん

王禅寺在住 49歳

1月21日号

石井 智亮(ともあき)さん

三菱重工相模原ダイナボアーズの中心選手として新リーグで戦う 活躍誓うスクラムの職人

石井 智亮(ともあき)さん

岡上出身 26歳

1月14日号

神園 佳昌(よしあき)さん

川崎青年会議所(JC)の第72代理事長に就任した

神園 佳昌(よしあき)さん

幸区在住 35歳

1月7日号

佐藤 彩夏(さいか)さん

バドミントン神奈川県新人大会シングル、学校対抗で優勝した

佐藤 彩夏(さいか)さん

上麻生在住 17歳

1月1日号

橋村 あいさん

しんゆり交流空間リリオスの「ホッと・コンサート」に出演する打楽器奏者の

橋村 あいさん

下麻生在住 29歳

12月24日号

奥山 潔さん

先月、麻生区地域功労賞を受賞した「麻生台団地自主防災会」本部長を務める

奥山 潔さん

下麻生在住 77歳

12月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

防犯パトで地域安全を

防犯パトで地域安全を

2月3日 研修会参加者募集

2月3日~2月3日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook