麻生区版 掲載号:2017年2月10日号
  • googleplus
  • LINE

総合病院で医工連携促す ものづくり企業などが参加

社会

「サイバーナイフ」の解説を聞き入る参加者ら
「サイバーナイフ」の解説を聞き入る参加者ら
 医療法人社団三成会 新百合ヶ丘総合病院で先月31日、先進的な医療技術や医療機器開発事例などに関しての「医工連携フォーラムinかわさき」が開かれた。

 川崎市で2015年12月から行われている「医工連携事業」の一環。同事業では医療機関、医科系大学などと、ものづくり企業、医療機器メーカーなどのネットワーク構築、マッチング支援を通じ、医療産業分野への参入を促進している。

 当日は地元のものづくり企業や医療機器メーカーから約70人が参加。同院に設けられている「サイバーナイフ」という、体にメスを入れず、ガンなどの病巣だけを放射線(エックス線)で治療する機器の術例、解説などに熱心に耳を傾けていた。

 市の担当者は「まずは医療に関心をもってもらい、地元企業のみなさまに医療機器開発に携わってもらいたい」と話した。

麻生区版のローカルニュース最新6件

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

民藝の地元公演 今夏も

民藝の地元公演 今夏も

26日から黒川の稽古場で

7月26日~7月30日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

お問い合わせ

外部リンク