麻生区版 掲載号:2017年3月17日号 エリアトップへ

4月から日本映画大学の第2代学長に就任する 天願 大介さん 映画監督、演出家 57歳

掲載号:2017年3月17日号

  • LINE
  • hatena

粘って考える人材の育成を

 ○…日本映画大学の新たな学長に選任され、4月に就任する。「アジアとの交流によって海外からも信用を得ることが出来たのは今の佐藤忠男学長のおかげ。地域との協力関係も公開講座や映画祭への参加などを通して築いてきた。まずはこれらを引き継いで『映像のまち・かわさき』にも貢献していきたい」

 〇…父親は同大学の前身となる横浜放送映画専門学院創始者の今村昌平監督。「面白い作品を作っていたと思いますが、当時は作品を撮れば借金返済の催促が来るし、ひどい仕事だなって思っていました」と幼少時を振り返る。琉球大を卒業し、出版社に勤めていた時に「自分の能力全てを使って仕事に取り組みたい」と映画を撮り始めた。会社員として本名での作家活動が出来ず、沖縄の地名「天願」をペンネームにして以来、20代後半からこの名前を使っている。「カンゾー先生」や「うなぎ」など今村作品でも脚色等を務めたほか、映画監督や脚本家、舞台演出家など活動は多岐に渡る。

 〇…現在は同大の映画学部長。4月からは脚本や演出を行う舞台が都内で相次いで上演されるほか、映画作りから上映まで自費で行うチームでの活動にも注力する。「舞台や映画を観ても次作の勉強など、仕事のことを考えています。以前は釣りも楽しんでいましたが今は時間が勿体ない」。映画ファンを待たせているメジャー作品についても「最近サボり気味だったので、年内には何か動き出したいなと考えています。学長の業務も入ってきますが無理してでも両方頑張りたい」

 〇…映画は知識や技術、そして体力に運も問われるものというのが持論。「作品を作るとボロボロになりますが、それも映画の魅力。大学では色々なことを教えますが失敗しても粘って考えることができる才能を業界に輩出したい」。大学を出れば先生と生徒ではなく時にはライバルとなる後輩に対し、厳しくも温かい眼差しで人材育成を担っていく。

麻生区版の人物風土記最新6

服部 星奈(せな)さん

市内で活動するご当地アイドル「川崎純情小町☆」の新メンバー

服部 星奈(せな)さん

麻生区・中原区担当 

10月18日号

斉藤 ゆき子さん(本名:大槻 之子)

朗読塾「ソフィアの森」を主宰するナレーターの

斉藤 ゆき子さん(本名:大槻 之子)

白鳥在住 57歳

10月11日号

西村 勝行さん

川崎市アートセンターで14日に開幕するミュージカル「ミラクル」の作曲、音楽監督を務める

西村 勝行さん

百合丘在住 68歳

10月4日号

杉浦 輝明さん

麻生ラグビースクールの校長として生徒の育成、競技の普及に努める

杉浦 輝明さん

横浜市青葉区在住 44歳

9月27日号

渡辺 孝一さん

11月開催の「あさおわくわくウォーク」を主催する麻生区青少年指導員会で長を務める

渡辺 孝一さん

上麻生在住 66歳

9月20日号

鈴木 絢子さん

29日に催される「百合丘ふるさとまつり」のメンバーとして企画、運営を行う

鈴木 絢子さん

高石在住

9月13日号

轟(とどろき) 淳次さん

国際ロータリー第2590地区(川崎・横浜)のガバナーに就任した

轟(とどろき) 淳次さん

三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 76歳

9月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月20日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

実例から学ぶ地域づくり

実例から学ぶ地域づくり

牧岡英夫さん講演会

10月20日~10月20日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第159回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 後編 文:小島一也(遺稿)

    10月11日号

  • あさおマンスリー

    10月 October

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    10月4日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第158回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 前編 文:小島一也(遺稿)

    10月4日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク