麻生区版 掲載号:2017年3月17日号 エリアトップへ

4月から日本映画大学の第2代学長に就任する 天願 大介さん 映画監督、演出家 57歳

掲載号:2017年3月17日号

  • LINE
  • hatena

粘って考える人材の育成を

 ○…日本映画大学の新たな学長に選任され、4月に就任する。「アジアとの交流によって海外からも信用を得ることが出来たのは今の佐藤忠男学長のおかげ。地域との協力関係も公開講座や映画祭への参加などを通して築いてきた。まずはこれらを引き継いで『映像のまち・かわさき』にも貢献していきたい」

 〇…父親は同大学の前身となる横浜放送映画専門学院創始者の今村昌平監督。「面白い作品を作っていたと思いますが、当時は作品を撮れば借金返済の催促が来るし、ひどい仕事だなって思っていました」と幼少時を振り返る。琉球大を卒業し、出版社に勤めていた時に「自分の能力全てを使って仕事に取り組みたい」と映画を撮り始めた。会社員として本名での作家活動が出来ず、沖縄の地名「天願」をペンネームにして以来、20代後半からこの名前を使っている。「カンゾー先生」や「うなぎ」など今村作品でも脚色等を務めたほか、映画監督や脚本家、舞台演出家など活動は多岐に渡る。

 〇…現在は同大の映画学部長。4月からは脚本や演出を行う舞台が都内で相次いで上演されるほか、映画作りから上映まで自費で行うチームでの活動にも注力する。「舞台や映画を観ても次作の勉強など、仕事のことを考えています。以前は釣りも楽しんでいましたが今は時間が勿体ない」。映画ファンを待たせているメジャー作品についても「最近サボり気味だったので、年内には何か動き出したいなと考えています。学長の業務も入ってきますが無理してでも両方頑張りたい」

 〇…映画は知識や技術、そして体力に運も問われるものというのが持論。「作品を作るとボロボロになりますが、それも映画の魅力。大学では色々なことを教えますが失敗しても粘って考えることができる才能を業界に輩出したい」。大学を出れば先生と生徒ではなく時にはライバルとなる後輩に対し、厳しくも温かい眼差しで人材育成を担っていく。

麻生区版の人物風土記最新6

アリマ・ジュンコさん本名・森原順子

イラストレーターとして6年ぶりとなる個展を都内で開催する

アリマ・ジュンコさん本名・森原順子

千代ヶ丘在住 70歳

6月14日号

中野 浩さん

桐光学園中学校・高等学校の校長に就任した

中野 浩さん

横浜市在住 61歳

6月7日号

藤田 直哉さん

東日本大震災にまつわる文芸誌「ららほら」を編著、創刊した

藤田 直哉さん

日本映画大学専任講師 36歳

5月31日号

ヤオ オフェイ アモアベンさん

日本の国民性などを外国人目線で語る講座を市民交流館やまゆりで行う

ヤオ オフェイ アモアベンさん

上麻生在住

5月24日号

小林 唯さん

劇団四季『パリのアメリカ人』横浜公演出演者の一人の

小林 唯さん

横浜市在住 劇団四季俳優

5月17日号

大村 哲郎さん

先月から麻生警察署の署長を務める

大村 哲郎さん

千代ヶ丘在住 59歳

4月26日号

斎藤 泰子さん

4月で1周年を迎えた「しんゆり交流空間リリオス」の運営に携わる

斎藤 泰子さん

東百合丘在住 60歳

4月12日号

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

自作ロケットを飛ばそう

自作ロケットを飛ばそう

発明クラブの夏休み企画

7月15日~7月15日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク