麻生区版 掲載号:2017年3月24日号 エリアトップへ

映画学校出身中野監督 日本アカデミー賞で優秀賞 初の商業作品にして快挙

文化

掲載号:2017年3月24日号

  • LINE
  • hatena
トロフィーを手にする中野量太監督(43)
トロフィーを手にする中野量太監督(43)

 日本映画学校(現日本映画大学・麻生区)出身の中野量太監督(多摩区在住)が、初の商業映画作品「湯を沸かすほどの熱い愛」で、「第40回日本アカデミー賞」の優秀作品賞・優秀監督賞・優秀脚本賞に輝いた。3日に行われた授賞式では、同作で最優秀主演女優賞を受賞した宮沢りえさんや最優秀助演女優賞など受賞の杉咲花さんと喜びを分かち合った。

 日本アカデミー賞広報事務局によると、「長い歴史の中でも、商業デビュー作で3つの優秀賞受賞は数少ないケース」という快挙だ。

 中野監督は「(受賞作品の中で)おそらく一番地味な作品だが、映画の力で勝負できた」と語る。

 中野監督は日本映画学校卒業後、 国内外で14の賞に輝いた前作「チチを撮りに」(2013年公開)で評価を高め、今作「湯を沸かす――」では、宮沢りえさんやオダギリジョーさんら豪華キャストを実現させた。自身で脚本も書き、余命2カ月を宣告された母が、娘のため、自分のために起こす行動が驚きと感動を呼ぶ物語をつくり上げた。いたるところに伏線が張り巡らされ、全篇に情感やユーモアがあふれ、親子の愛、家族の絆、生と死が描かれている。

 自身の受賞のほか、母役の宮沢りえさんが最優秀主演女優賞、娘役の杉咲花さんが最優秀助演女優賞・新人俳優賞を受賞。「まさか、合わせて6つの賞をもらえると思っていなかった。映画を撮り終えた後、手ごたえはあったが、同じくらい不安もあった」と、中野監督は話す。

「親子で最高の形」

 授賞式で中野監督は、「宮沢りえさんは『さすが』という演技で2年前も最優秀主演女優賞をとっていたので、『いけるかも』と思っていたが、とにかく杉咲花さんに賞をとってほしいと強く思っていた」と話す。そのため、「最優秀助演女優賞は、湯を―」とアナウンスされた瞬間、涙があふれ、自然と抱き合って喜んでいたという。「親子(役)でとれて、最高の形」と語るが、登場人物のその人らしさを表現することを重んじる中野監督が生み出した、作品全体から滲み出る「親子らしさ」が認められた結果だろう。

 次回作は「国内でも海外でも通用するもので勝負していきたい。もっと大きな世界に行きたい」と準備に奔走している。

麻生区版のトップニュース最新6

子ども視点で「SDGs」推進

子ども視点で「SDGs」推進 教育

市民団体が企画開始

7月23日号

市民と50年、歩み続く

青少年科学館

市民と50年、歩み続く 社会

「子どもへ星空を」原点に

7月23日号

「自己表現のパワー感じて」

ピカソ・カレッジ(古沢)

「自己表現のパワー感じて」 文化

市民館で初の作品展

7月16日号

「1000人合唱」9月に実現

麻生区出身新屋さん

「1000人合唱」9月に実現 文化

会場と動画組み合わせ 

7月16日号

オール岡上ワイン初完成

オール岡上ワイン初完成 経済

区内飲食店で提供へ

7月9日号

7割が着替え男女同室

市立小1、2年生

7割が着替え男女同室 教育

市教委、「現場対応」促進へ

7月9日号

あっとほーむデスク

  • 7月23日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

子どもに伝統文化 継承

子どもに伝統文化 継承

「お箏教室」参加者募集

9月11日~12月18日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter