麻生区版 掲載号:2017年5月19日号 エリアトップへ

田園調布学園大学の4代目学長に就任した 生田 久美子さん 東京都在住

掲載号:2017年5月19日号

  • LINE
  • hatena

「福祉を楽しい、面白い分野に」

 ○…東百合丘で短大開学となった1967年から50年を迎えた田園調布学園大学の学長にこの春就任。4年制大学となってから初の女性学長となる。「福祉や教育、保育は人にとって基本的なもの。それらを専門領域とするこの大学で、質の高い人材をこれからも輩出していきたい。50年間人材育成してきたことをもっと多くの方々に知って頂く努力もしていきたいです」

 ○…東京都生まれ。小さい頃から疑問を持つと尋ねて調べて、という「子どもは小さな哲学者」を地で行く性格。「海はなんで青いのかみたいな、世の中のことについて『どうして?』って聞いて回る理屈っぽい子どもでした」。英語教師をめざして大学に進学したが「教える技術ではなく、人に伝えていくことや人そのものを学ぶことに関心が向いていきました」と、軌道は学術探求の道へ。東北大学大学院教育学部教授などを経て11年から田園調布学園大学教授に就いた。

 ○…携帯電話で直接教授に話を伝えるなど、フラットな目線を持つ行動派。「先生方と同僚として過ごしてきて、現場を知っていることは大きい。決断する立場になったこともありますが、慎重に考えてから実行はスピーディに、という気持ちは元々の性格でもありますね」。今はなかなか取れないオフの時間に楽しむのはドキュメンタリー番組観賞や歌舞伎の観劇など。これも気づけば人を知ることの興味に繋がってしまうなど学びへの意欲は尽きない。

 ○…4年制大学としてこだわりを見せるのが「実践力」。資格取得をタイトに目指す専門学校との違いについて「4年かけて薄く教えていくのではなく、多くの人と出会い、教養もきちんと学んで、揺るぎない実践力を持った人材に成長できるのが魅力」と前を向く。「福祉は人の幸せを目指す分野。大変な仕事というイメージですが、それを『面白い、楽しい』と感じてもらえるようにしていきたい。それを強く思っています」

麻生区版の人物風土記最新6

斉藤 ゆき子さん(本名:大槻 之子)

朗読塾「ソフィアの森」を主宰するナレーターの

斉藤 ゆき子さん(本名:大槻 之子)

白鳥在住 57歳

10月11日号

西村 勝行さん

川崎市アートセンターで14日に開幕するミュージカル「ミラクル」の作曲、音楽監督を務める

西村 勝行さん

百合丘在住 68歳

10月4日号

杉浦 輝明さん

麻生ラグビースクールの校長として生徒の育成、競技の普及に努める

杉浦 輝明さん

横浜市青葉区在住 44歳

9月27日号

渡辺 孝一さん

11月開催の「あさおわくわくウォーク」を主催する麻生区青少年指導員会で長を務める

渡辺 孝一さん

上麻生在住 66歳

9月20日号

鈴木 絢子さん

29日に催される「百合丘ふるさとまつり」のメンバーとして企画、運営を行う

鈴木 絢子さん

高石在住

9月13日号

轟(とどろき) 淳次さん

国際ロータリー第2590地区(川崎・横浜)のガバナーに就任した

轟(とどろき) 淳次さん

三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 76歳

9月6日号

小林 昇さん

川崎市遊技場組合の組合長に就任した

小林 昇さん

(有)三島商事 代表取締役社長 55歳

8月23日号

あっとほーむデスク

  • 9月20日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第159回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 後編 文:小島一也(遺稿)

    10月11日号

  • あさおマンスリー

    10月 October

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    10月4日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第158回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 前編 文:小島一也(遺稿)

    10月4日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク