麻生区版 掲載号:2017年5月26日号 エリアトップへ

4月から6代目の麻生消防団長を務める 土方 茂さん 千代ヶ丘在住 61歳

掲載号:2017年5月26日号

  • LINE
  • hatena

親子3代で恩返し

 ○…消防団長という重責を感じながら、「前団長に少しでも近づき、地域のために奉仕していきたい」と語る。麻生消防団には32年前に入団し、副団長を8年務めた経験をいかして、145人の団員を牽引していく。麻生消防署と連携した消火活動などはもちろんのこと、団員の安全を確保することも重要な役割と捉えている。「若い人たちにも入ってもらいたい。もっともっと増やしていきたい」と話す。

 ○…千代ヶ丘で生まれ育ち、代々農家を営む。大学卒業後は、川崎南部市場や北部市場などで6年間、流通関係の仕事をしていたが、その後実家の農家を継いだ。現在は母親と妻、子ども2人の5人暮らし。まさに今がピークのトマトなどを栽培し、「直接買いに来てくれる方がいると、本当に嬉しい」と語る。以前は趣味で、相模湾に海釣りに出かけていたが、「今は忙しくて、なかなか行けていないなあ」と微笑む。

 ○…消防団には祖父も父親も入っていた。3歳の頃、伊勢湾台風の影響で崖崩れが起き、自宅が潰れ、村中の人が助けに来てくれたという。「特に父は、その時の恩返しという気持ちが強いんじゃないかなあ」と語る。自身も思いを受け継ぎ、親子3代目の消防団員として、「当たり前のことのように入団した」と話す。自宅が被害にあった当初、まだ区画整理が進んでおらず、山坂の多い細山地域ではよく崖崩れが起こっていたという。麻生区は現在でも土砂災害警戒区域が川崎市内で最も多く、「大雨の時には出動し、見回り活動をしている」と警戒する。

 ○…昨年発生した熊本地震の際、避難所では女性がきめ細やかな気配りで活躍していたという。女性の社会進出もあり、麻生消防団にはまだいない女性団員の入団にも力を入れていく考えだ。「地域の方々、若い人たちにも、消防団を認識してもらい、関心をもってもらいたい」と、実直に団を引っ張っていく。

麻生区版の人物風土記最新6

斉藤 ゆき子さん(本名:大槻 之子)

朗読塾「ソフィアの森」を主宰するナレーターの

斉藤 ゆき子さん(本名:大槻 之子)

白鳥在住 57歳

10月11日号

西村 勝行さん

川崎市アートセンターで14日に開幕するミュージカル「ミラクル」の作曲、音楽監督を務める

西村 勝行さん

百合丘在住 68歳

10月4日号

杉浦 輝明さん

麻生ラグビースクールの校長として生徒の育成、競技の普及に努める

杉浦 輝明さん

横浜市青葉区在住 44歳

9月27日号

渡辺 孝一さん

11月開催の「あさおわくわくウォーク」を主催する麻生区青少年指導員会で長を務める

渡辺 孝一さん

上麻生在住 66歳

9月20日号

鈴木 絢子さん

29日に催される「百合丘ふるさとまつり」のメンバーとして企画、運営を行う

鈴木 絢子さん

高石在住

9月13日号

轟(とどろき) 淳次さん

国際ロータリー第2590地区(川崎・横浜)のガバナーに就任した

轟(とどろき) 淳次さん

三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 76歳

9月6日号

小林 昇さん

川崎市遊技場組合の組合長に就任した

小林 昇さん

(有)三島商事 代表取締役社長 55歳

8月23日号

あっとほーむデスク

  • 9月20日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第159回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 後編 文:小島一也(遺稿)

    10月11日号

  • あさおマンスリー

    10月 October

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    10月4日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第158回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 前編 文:小島一也(遺稿)

    10月4日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク