麻生区版 掲載号:2017年7月14日号 エリアトップへ

(PR)

都市と緑の暮らしを両立新たなまちの形成が進行中 野村不動産が市境で行政、地域とまちづくり

掲載号:2017年7月14日号

  • LINE
  • hatena
統一感を出しながらも外観や間取りは全戸異なっている
統一感を出しながらも外観や間取りは全戸異なっている

 麻生区と稲城市の境で現在、新たな街区の造成が進められている。

 都心へのアクセスや駅至近で考えると近隣では最大規模となる「プラウドシーズン栗平」は、野村不動産が行政や地域と連携して街づくりを行っている注目のエリア。既に約100棟の入居があり、今後は稲城市の小田良地区や南山地区にもエリアを拡大、段階的に街区を造成し、十年規模で約1200棟以上という規模の大きな街づくりが進められている。

暮らしと共に成長する街

 生活道路の充実で小田急線栗平駅方面へのアクセスが向上し、若葉台に通じるトンネルの工事も進行中、またエリア内でのレストランやショッピング施設計画など、街の成長が具体的に見えてきたことにより以前に比べ同エリアへの問い合わせも増えているという。

 将来への期待に加え、この地域は家族構成や世代が近い世帯が多く、またこのエリアだけの自治会が新たに作られるなど、適度な関係性が保たれているのも魅力の一つとなっている。

 同社では「ここで新しく暮らす方々と共に、継続的に街を創り上げていくことで、あらゆる世代が将来に渡って自由に暮らしていくことが出来る場所作りを目指しています」と語る。

7月15〜17日に現地相談会開催

 プラウドシーズン栗平では7月15日(土)から17日(祝)に現地相談会を開催。新たに完成する住宅やこれから成長していく街のことなどをスタッフに直接聞くことが出来る。また期間中はプラウドシーズンサマーキャンペーンも開催し、来場者特典も用意されているので、この機会に注目エリアでの暮らしを検討してみては。

 (問)新百合ヶ丘プラウドシーズンサロン【フリーダイヤル】0120・082・250

野村不動産株式会社 プラウドシーズン栗平

麻生区万福寺1-11-17【新百合ヶ丘プラウドシーズンサロン】

TEL:0120-082-250

https://www.proud-web.jp/house/kurihira/

麻生区版のピックアップ(PR)最新6

”補聴器”無料相談

パナソニック相談員による

”補聴器”無料相談

10月26日(土) 10時〜14時

10月18日号

相続等、税の疑問を解消

相続等、税の疑問を解消

11月に地元税理士会が無料相談

10月18日号

来春の入園願書15日から配布13日には参加自由の運動会も

来春の入園願書15日から配布13日には参加自由の運動会も

鶴川幼稚園 鶴川女子短期大学附属

10月11日号

「空き家・古家」の賢い対処法

後悔しない相続対策の実例を学ぶ 無料セミナー

「空き家・古家」の賢い対処法

10月21日 会場=専修大学サテライトキャンパス

10月11日号

お口の健康維持3ステップを伝授

お口の健康維持3ステップを伝授

新百合ヶ丘南歯科 10月27日(日)に無料「予防歯科セミナー」

10月11日号

植木剪定スキル身につけませんか

植木剪定スキル身につけませんか

60歳以上対象 無料講習会

10月11日号

弁護士らによる無料相談会

弁護士らによる無料相談会

10月19日(土) 先着8組・多摩市民館

10月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月20日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

実例から学ぶ地域づくり

実例から学ぶ地域づくり

牧岡英夫さん講演会

10月20日~10月20日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第159回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 後編 文:小島一也(遺稿)

    10月11日号

  • あさおマンスリー

    10月 October

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    10月4日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第158回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 前編 文:小島一也(遺稿)

    10月4日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク