麻生区版 掲載号:2017年7月28日号
  • LINE
  • hatena

川崎市折鶴の会・森政忠雄さん 「被爆の真実」語り12年

社会

被爆体験を語る森政さん
被爆体験を語る森政さん

 広島に原爆が投下され72年目の夏、中原区にある川崎市平和館で7月29日(土)から「原爆展・特別展」が開催される。そこで講演する森政忠雄さん=上麻生在住=(83)は、数少なくなった被爆者の語り部の一人だ。自らの体験を伝え、原爆の悲惨さや命の尊さを子どもたちに教え続けている。

 森政さんが語り部になったのは71歳の時。当時小5の孫娘から「夏休みの自由研究で広島の原爆について調べたい」と相談されたことがきっかけだった。忌まわしく悲惨な記憶はそれまで、誰にも話すことは無かったが「子どもの教育のために」と語る決心をした。

 森政さんが被爆したのは11歳の時。爆心地から3・7Km離れた小学校の渡り廊下で、閃光と身体を吹き飛ばす爆風に襲われた。何とか自宅に戻り防空壕で身を潜め、しばらくして外に出ると、黒く焼け焦げた人や苦しそうに水を求める声、まさに地獄絵図だった。

 森政さんの両親と兄妹は無事だったが、その後に家族で話題にすることは無かった。6年前、がんを患っていた兄から「語り部とは良いことしとる。ならば俺の話も加えてくれ」と、初めて被爆当時の会話を交わした。語られたのは、動かない母の上で母乳を飲んでいた乳児、建物の下敷きになっていた人、そんな人たちに何も出来なかった後悔の念。そしてそれが兄の遺言となった。

 活動の中で森政さんは被害者の立場だけで語ってはいないという。「当時の日本の教育や中国や朝鮮半島への侵略などの背景を、公平かつ客観的に語らなければ教育にはならない」との思いからだ。

「私も限りがある」

 川崎市は1982年に、核兵器の廃絶と軍縮を求める「核兵器廃絶平和都市宣言」を表明。森政さんが会長を務める原爆被害者団体、川崎市折鶴の会でも、教育教材に活用してもらおうと活動記録をまとめた書籍を2013年に発行し市内の小中高校や図書館に寄贈した。しかし講演依頼は広島や市外の小中学校からが多く、川崎からは今まで1校のみという。

 「川崎の子どもたちにも原爆の悲惨さや命の尊さを伝えたい。私も限りがある」。語り部の仲間5人は、他界したり入院したりし今は活動していない。「元気な今のうちに。依頼があれば1人でも受ける」。

 「原爆展・特別展」は7月29日(土)から9月3日(日)まで。森政さんは8月5日(土)に講演予定。(問)川崎市折鶴の会【メール】kawasakiorizuru@gmail.com
 

麻生区版のローカルニュース最新6件

東京2020に「川崎愛」

元川崎F(フロンターレ)部長天野春果さん

東京2020に「川崎愛」

5月17日号

出会い糧に人生4幕目へ

黒川駅前に新拠点

小田急グループ

黒川駅前に新拠点

5月17日号

畑で学ぶ「地域デザイン」

和光大生

畑で学ぶ「地域デザイン」

5月17日号

キャラ弁巡る母娘の交流

障害児の気持ちを体験

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第149回 シリーズ「麻生の歴史を探る」岡上の山伏― 前編

    5月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク