麻生区版 掲載号:2017年10月20日号 エリアトップへ

第59次南極地域観測隊の夏隊に、教員枠で同行する 山口 直子さん 五力田在住 44歳

掲載号:2017年10月20日号

  • LINE
  • hatena

探究と遊び 交わる心

 ○…73人編成の南極観測隊のうち、11月下旬に出発し3月末まで現地入りする41人の夏隊に、教員派遣枠で同行する。2009年度に始まった教員枠は毎年2人ずつ全国公募で選ばれており、県内2人目。菅小(多摩区)と百合丘小で2月、滞在中に現地と学校をライブ映像でつなぎ特別授業を行う。「『もっと知りたい』『学ぶって楽しい』と感じるきっかけになれば」。未知への想像に胸を膨らませる。

 ○…金程小を経て菅小に昨春赴任し、来年で市立小学校の教員生活10年目を迎える。2年前、南極観測隊の越冬隊員が金程小で出前授業を開いたのが応募のきっかけ。「映像で広がる白と青のきれいな世界がすごかった」。映画「南極物語」で見た恐ろしい記憶は吹き飛んだ。昨年末からお正月返上で応募書類を作成。テントを背に国内アルプスを登り歩き、野外キャンプに親しんでいた経験も後押しになり、初挑戦で念願の座を射止めた。

 ○…世田谷区出身。アウトドア派の気質は幼少からで、中高時代はソフトボール部から陸上部へ。大学卒業後は航空業界の専門紙で1年、海外の写真を国内外の媒体に貸し出すフォトサービスの会社で約4年勤務。その後も企業の労働組合関連団体の広報や、カメラマンとして派遣会社に登録するなど報道・写真畑を渡り歩いた。アメリカンフットボールW杯07川崎大会では協会事務局に従事。アメフットが起源のフラッグフットボールのコーチとして、市内70校近くを回ったこともあり、生活拠点が都内から川崎へ。通信教育で教員免許を取り、今では3年生33人の学級担任だ。

 ○…報道現場では幸せより不幸がニュースになり、身を置くことで悲しみを広げていると感じたことも。今は、足で稼いだ体験を糧に生の言葉で子どもたちに語りかける。「知らないことはたくさんある。みんながワクワクする面白いことを伝えたい」。体が動く限り、開拓の旅は続く。

麻生区版の人物風土記最新6

小泉 清さん

国交省から表彰を受けた早野聖地公園里山ボランティアの会長を務める

小泉 清さん

上麻生在住 71歳

8月9日号

萩坂 心一さん

平和の大切さを継承する市民団体「平和を願う会」で共同代表を務める

萩坂 心一さん

多摩区在住 61歳

8月2日号

永井 和美さん

子育てママの地域ネットワーク「Linkmama」の代表を務める

永井 和美さん

栗平在住 44歳

7月26日号

三輪 輝子さん

創作人形作家で7月25日から都内で個展を開催する

三輪 輝子さん

王禅寺西在住 71歳

7月19日号

成田 正弘さん

川崎白百合ライオンズクラブの2019-20年度会長を務める

成田 正弘さん

五力田在住 44歳

7月12日号

親松 明さん

2019-2020年度川崎麻生ロータリークラブ会長の

親松 明さん

早野在住 78歳

7月5日号

辻村 一男さん

7月に恩廻公園調節池の見学会を行う「CCあさお」代表の

辻村 一男さん

王禅寺西在住 77歳

6月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

活弁付上映を野外で

活弁付上映を野外で

西生田小で初開催

8月24日~8月24日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第155回 シリーズ「麻生の歴史を探る」蚕影山信仰 後編 文:小島一也(遺稿)

    8月9日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク