麻生区版 掲載号:2017年11月10日号
  • googleplus
  • LINE

小田急電鉄新ダイヤ 通勤ラッシュの混雑解消へ しんゆり―新宿 30分圏内に

経済

新たに公開された制服を着た職員と星野晃司社長(右から4人目)
新たに公開された制服を着た職員と星野晃司社長(右から4人目)
 小田急電鉄(株)が11月1日、東京都内で星野晃司取締役社長による記者会見を行い、来年3月からの新ダイヤなどを発表した。構想から約50年、登戸駅から新宿駅までの複々線化を完成させることで通勤時間帯の混雑緩和や時間短縮を図り、沿線の魅力向上を進める。

 上下線の線路を2本ずつにする複々線化は、各駅停車と急行電車を別々の線路に振り分けることで、これまでラッシュ時などに発生していた通過待ちやノロノロ運転を解消することが目的。1964年に都市計画の決定、89年から工事に着手し、現在は世田谷代田駅から東北沢駅までの1・6Kmで工事が進められている。この区間が完成することで登戸―代々木上原間11・7Kmが複々線となる。

 今回発表された新ダイヤは、改定ではなく白紙の状態から組まれたもの。100人以上の報道陣が集まった記者会見の席で星野社長は「遅い、混んでいると言われてきた小田急線のイメージを一新させる。詰まり解消で時間の短縮も図ることもできた」と語った。

選ばれる鉄道めざし

 複々線化を生かした新ダイヤでは、平日朝のラッシュ時(下北沢着午前7〜9時)の列車が現行27本から36本に増発。車両数が96両増えることで、現在の混雑率192%(やや圧迫感がある)が「新聞や雑誌を楽な姿勢で読むことが出来る」150%程度まで緩和される見込みだという。

 また急行よりも停車駅の少ない小田原線「快速急行」は新たに登戸駅が停車駅となるが、通勤時間帯で現在の3本から28本に増発。多摩線は朝限定で新たに「通勤急行」を新設し、小田急多摩センター駅からの始発便も増やすことで着席性も向上させる。列車種別の新設や変更によって、ラッシュ時の新百合ヶ丘駅―新宿駅は現在の38分から28分に、小田急多摩センター駅―新宿駅は54分から40分に短縮される。

 同社は「来春の新生活に合わせた新ダイヤのスタートは、利便性が拡大することによる暮らしの向上を認知して頂く意味合いもある。今後も選ばれる鉄道をめざし、ニーズに応えていきたい」と話している。

麻生区版のトップニュース最新6件

「在宅」強化 29施設増へ

川崎市高齢者ケア

「在宅」強化 29施設増へ

1月19日号

3割超が出動不要電話

麻生署110番通報

3割超が出動不要電話

1月19日号

救急出動 9年連続増

川崎市

救急出動 9年連続増

1月12日号

教会の月1食堂 開設1年

病床、在宅医療に重点

かわさき保健医療プラン

病床、在宅医療に重点

1月5日号

新たな取組みで課題に対応

北沢区長新春インタビュー

新たな取組みで課題に対応

1月5日号

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

伝統の「能楽」気軽に体験

伝統の「能楽」気軽に体験

市民館で全3回講座

1月30日~2月13日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第116回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(3)石造物〜道祖神 後編

    1月19日号

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第115回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(3)石造物〜道祖神 前編

    1月12日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月19日号

お問い合わせ

外部リンク