麻生区版 掲載号:2017年11月17日号
  • googleplus
  • LINE

北部給食センター オール電化で1日6千食 12月から中学が完全給食

教育

麻生区栗木に完成した北部給食センター
麻生区栗木に完成した北部給食センター
 麻生区栗木に建築された川崎市北部学校給食センターが、12月1日から中学校給食の提供を開始する。麻生区と多摩区の市立中学校に1日6000食を提供する同センターでは、本格稼働を前に事業者らによるトレーニングなどが進められている。

 市内中学校の給食化を目指してきた川崎市は、昨年から幸区(南部)と中原区(中部)、麻生区でセンター建設を進めてきた。南部給食センターでは今年9月から提供が始まり、中部と北部が12月からの提供を開始することで、市内全52校が完全給食化(4校は自校での調理)となる。

コンパクト設計で対応

 北部センターはエレクトロニクス関連企業が集まる栗木の「かわさきマイコンシティ」に立地。敷地面積は2758平方メートルと、南部(約8700平方メートル)、中部(約7200平方メートル)より狭小なこともあり、建物を地上3階、地下1階にすることで調理に必要なスペースを確保している。また、ボイラー室や配管設備などが不要となるオール電化設備を市内3センターで唯一採用。元々あったマイコンシティ連絡所の機能として、会議室やビジネス交流ラウンジも併設された施設となっている。

 同センターでは、麻生区と多摩区の12中学校(白鳥、王禅寺中央、柿生、麻生、長沢、金程、西生田、南生田、生田、菅、南菅、枡形)に配送する6000食を調理、配送する。はるひ野中と中野島中は自校式給食、稲田中は中部センターからの配送となる。

 川崎市では中学校給食の実施で1日3万1000食を3センターで調理。使用食材を調整して5通りの献立を約10人の栄養士が作成するほか、運搬ケースを2重蓋にして保温性を高めるなどの工夫を凝らす。

 現在は施設内での準備作業が行われており、試行的に給食の配送などを行ったのち、12月から本格稼働する。北部学校給食センター開設準備担当の若尾弘さんは「これまでは各家庭からの弁当などだったが、給食により一緒の食事を楽しんでもらえる。使用食材の話も含め、食育にもつなげていけたら」と話している。

麻生区版のトップニュース最新6件

救急出動 9年連続増

川崎市

救急出動 9年連続増

1月12日号

教会の月1食堂 開設1年

病床、在宅医療に重点

かわさき保健医療プラン

病床、在宅医療に重点

1月5日号

新たな取組みで課題に対応

北沢区長新春インタビュー

新たな取組みで課題に対応

1月5日号

多刀流への挑戦

はるひ野中3年渡部春雅さん

多刀流への挑戦

1月1日号

150万人都市 躍進へ

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第115回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(3)石造物〜道祖神 前編

    1月12日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月12日号

お問い合わせ

外部リンク