麻生区版 掲載号:2017年11月17日号
  • googleplus
  • LINE

北部給食センター オール電化で1日6千食 12月から中学が完全給食

教育

麻生区栗木に完成した北部給食センター
麻生区栗木に完成した北部給食センター
 麻生区栗木に建築された川崎市北部学校給食センターが、12月1日から中学校給食の提供を開始する。麻生区と多摩区の市立中学校に1日6000食を提供する同センターでは、本格稼働を前に事業者らによるトレーニングなどが進められている。

 市内中学校の給食化を目指してきた川崎市は、昨年から幸区(南部)と中原区(中部)、麻生区でセンター建設を進めてきた。南部給食センターでは今年9月から提供が始まり、中部と北部が12月からの提供を開始することで、市内全52校が完全給食化(4校は自校での調理)となる。

コンパクト設計で対応

 北部センターはエレクトロニクス関連企業が集まる栗木の「かわさきマイコンシティ」に立地。敷地面積は2758平方メートルと、南部(約8700平方メートル)、中部(約7200平方メートル)より狭小なこともあり、建物を地上3階、地下1階にすることで調理に必要なスペースを確保している。また、ボイラー室や配管設備などが不要となるオール電化設備を市内3センターで唯一採用。元々あったマイコンシティ連絡所の機能として、会議室やビジネス交流ラウンジも併設された施設となっている。

 同センターでは、麻生区と多摩区の12中学校(白鳥、王禅寺中央、柿生、麻生、長沢、金程、西生田、南生田、生田、菅、南菅、枡形)に配送する6000食を調理、配送する。はるひ野中と中野島中は自校式給食、稲田中は中部センターからの配送となる。

 川崎市では中学校給食の実施で1日3万1000食を3センターで調理。使用食材を調整して5通りの献立を約10人の栄養士が作成するほか、運搬ケースを2重蓋にして保温性を高めるなどの工夫を凝らす。

 現在は施設内での準備作業が行われており、試行的に給食の配送などを行ったのち、12月から本格稼働する。北部学校給食センター開設準備担当の若尾弘さんは「これまでは各家庭からの弁当などだったが、給食により一緒の食事を楽しんでもらえる。使用食材の話も含め、食育にもつなげていけたら」と話している。

麻生区版のトップニュース最新6件

ピアノで全国大会へ

麻生小 税所さん

ピアノで全国大会へ

7月13日号

地域猫活動に登録制度

川崎市

地域猫活動に登録制度

7月13日号

助成に「所得制限なし」

小児医療入院費

助成に「所得制限なし」

7月6日号

女子野球の県選抜入り

東柿生小秋山さん

女子野球の県選抜入り

7月6日号

特養 申込窓口を一元化

川崎市

特養 申込窓口を一元化

6月29日号

校歌でつながる音楽の縁

柿生小学校

校歌でつながる音楽の縁

6月29日号

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

丸太切りに挑戦

丸太切りに挑戦

21日に体験イベント

7月21日~7月21日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月13日号

お問い合わせ

外部リンク