麻生区版 掲載号:2017年11月24日号 エリアトップへ

ホワイトファミリーつつみ先生の 歯ウ・トゥ・ケア How To Care vol.01白く健康な歯を保つケアとは…?

掲載号:2017年11月24日号

  • LINE
  • hatena

 ご自身でしっかり歯みがきをしているという方でも、健康的な歯を保つにはどうしても限界があります。

 毎日使っていらっしゃる歯みがきクリームには『歯を白くする』といった謳い文句が書かれていると思いますが、これは成分に含まれる研磨作用によるもの。こういったクリームを使い続けることで歯のエナメル質は薄くなり、根面露出と歯肉退縮を招き、時々凍みるといった症状を招きます。

 歯ブラシケアだけでは隠れ歯周病菌の増殖が、特に奥歯の歯と歯の間の隣接面根元で進行し、歯が溶けていきます。10年で2㎜、20年で4㎜…と症状は進みます。歯周ポケットは3㎜以内なのに、です…。

 大切なのは『毎日のフロスケア』です。隣接面を綺麗に保ち、20〜30代は6カ月ごとの歯科チェックアップで歯周病予防をマスターするのがベストです。※40歳を超えたら毎月、歯を綺麗にしてもらいたいです。

 因みに、米国では、50歳以上の方の80%は、毎月歯科衛生士によるお手入れを受けています。これは健康のためにストレッチやヨガ、マッサージなどに通うのと同じ頻度と考えると分かりやすいと思います。

■20〜30代は半年、40歳を超えたら月1回、虫歯でなくとも歯科でのお手入れが白く健康な歯を永く保つ秘訣です!
 

ホワイトファミリー歯科

神奈川県川崎市麻生区上麻生1-17-1

TEL:044-966-0800

http://www.white-family.or.jp

麻生区版のコラム最新6

GO!GO!!フロンターレ

柿生文化を読む

柿生文化を読む

第2回 シリーズ「鶴見川流域の中世」中世人の生活の舞台としての鶴見川【1】 文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

7月10日号

GO!GO‼フロンターレ

GO!GO‼フロンターレ

GO!GO!!フロンターレ

柿生文化を読む

柿生文化を読む

第1回 シリーズ「鶴見川流域の中世」中世人の生活の舞台としての鶴見川 文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

6月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月10日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 5月15日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月10日号

お問い合わせ

外部リンク