麻生区版 掲載号:2017年11月24日号 エリアトップへ

郷土の誇り伝える学び舎 柿生中学校

教育

掲載号:2017年11月24日号

  • LINE
  • hatena
2010年に新校舎が完成した柿生中学校
2010年に新校舎が完成した柿生中学校

 1947年(昭和22年)、川崎市内で開校した16校のうち、現在の麻生区内では唯一となる中学校として柿生小学校の一部を間借りして歴史が始まった柿生中学校。開校から5日後に校章が制定され、PTA組織も16校の中でいち早く発足された逸話は、生徒だけでなく教師や保護者の期待も高かった様子が分かるエピソードだ。

 柿生中に赴任した教師もまず感じるのが脈々と続く伝統だという。「生徒の保護者はもとより、3世代、4世代が柿生中学校に通った方がいるのはやはりすごいこと」と昨年赴任した白井理教頭は話す。

 中学校と地域の関わりは様々なところで目にすることができる。生徒会を中心に活動する「ゴミバスターズ」は月に1回、柿生駅周辺などの清掃活動を長年継続。また、毎年1月末に麻生不動で行われている恒例のだるま市では「他校ではあまり聞いたことが無い」(白井教頭)という、教師全員による見回りも実施。これら校外での活動も柿生地域では何世代も目にしている光景だ。教師の一人は「柿生中学は、PTAに加えPTAのOBの方々による組織、おやじの会など活動が盛んで、地域とのつながりが強い。柿生の地域に学校としてできることも脈々と続いています」と話す。

 また、校舎内にある「柿生郷土史料館」は地元の歴史を語る重要な施設だ。川崎北部の伝統や歴史を伝える貴重な場として、新校舎の建設が計画された時に地域の後押しもあり開設された場所だ。ここには地元小学校が授業で訪れるほか、セミナーやイベントの開催など、地元の交流拠点にもなっている。

 「柿生は歴史も含め、地元に誇りを持った方々が多い。地域の方々が持っている愛着を生徒にも伝えられるような学校にこれからもしていきたい」と白井教頭は話している。

麻生区版のローカルニュース最新6

新百合ヶ丘駅周辺イルミ夜8時消灯

【Web限定記事】

新百合ヶ丘駅周辺イルミ夜8時消灯 社会

緊急事態宣言受け

1月22日号

多彩な講師から探る、"広い視野を持つ"人の幸せな生き方

【Web限定記事】

多彩な講師から探る、"広い視野を持つ"人の幸せな生き方 社会

麻生市民館がオンライン講座

1月22日号

男女の愛情の行方は

劇団民藝

男女の愛情の行方は 文化

若手中心に2月公演

1月22日号

原さん、舞台で肉体美披露

【Web限定記事】川崎市出身 ジャニーズJr.

原さん、舞台で肉体美披露 文化

1月22日号

「自宅で確定申告」呼びかけ

新田ジム

「自宅で確定申告」呼びかけ 社会

白崎選手ら税務署大使に

1月22日号

やまゆり休館

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク