麻生区版 掲載号:2018年1月5日号
  • googleplus
  • LINE

「一人芝居」で観る人にも活力 高石在住 大谷 彌生(やよい)さん(70)

文化

体全体を使ってさまざな役柄を演じる大谷さん
体全体を使ってさまざな役柄を演じる大谷さん
 一人で何役もこなし、朗読や歌を織り交ぜながら芝居をする「一人芝居」―。

 区内高石在住の大谷彌生さんは、この「一人芝居」を自身の生きる活力とし、また観る人にもエネルギーを与え続けている。

「やばいくらい」の語り手に

 「やばいくらい面白い語り手になりたい」という思いと、孫から「やあばあちゃん」と呼ばれていることから、愛称は「やばちゃん」。一人芝居の「やばプロジェクト」では2005年の新宿・プーク人形劇場での初演以来、清明学園(大田区)や川崎平和の集い、目黒本町社会教育館などで数多くの公演を重ねてきたほか、朗読教室の「木の葉ずく」、ワークショップシアターの「かもめ°45」も手掛ける。

 もともとは若い頃から役者を志ざし、一人芝居に目覚めるまでは演劇の舞台で客演などをやっていた。しかし、劇作家に書き下ろしてもらった一人芝居の作品「ヒロシマのホタル」との出会いがターニングポイントとなった。「人を演じ、何人もの人生を生きることが好きなのかもしれない」と、一人芝居の世界へのめり込んでいく。占い師のおばあさんが夫をピカで失うという物語を1人6役で届ける「ヒロシマのホタル」は代表的な作品となり、清明学園では中学2年の子どもたちの心もつかみ、夢中にさせ、昨年で7回目となる公演を行った。

 「子どもたちがはじめて一人芝居を観て、夢中になって喜んでくれる。一生のライフワーク」と語る。

全力で”なりきる”

 身振り手振り、体全身を使いながら、豊かな表情で人や動物、モノになりきる大谷さん。時には、扇風機やストーブなど一人芝居の持ちネタはおよそ60本にも及ぶという。「家電のように壊れていくものには味がある」と微笑む。始めた当初は演出家が付いていたが、今では構成も演出も自身で考える。

 最近では、自宅近くを走るコミュニティ交通「山ゆり号」を支援しようと、売上金を寄付するために鶴川の「可喜庵」でも公演を行い、太宰治の「お伽草紙」の中にある「カチカチ山」を披露。それを観た男性の一人が「俺もちゃんとしなきゃ」と感化されて帰って行ったという。体一つだが、何より魂を込め、全力で演じる大谷さんのパワーが観る者の心に突き刺さり、深層心理に迫り、また想像力も掻き立てる。

 大谷さんは「元気の秘訣も一人芝居。みんな一人芝居をやってみたらいい。今後は表現者として、役者として何かお手伝いできたらうれしい」と語る。先月には、自宅からほど近いデイサービスの「さくらの丘」で歌やリズムに合わせた運動で利用者を楽しませた。

 今日も何を演じてやろうかと思いを巡らせる。

麻生区版のローカルニュース最新6件

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

民藝の地元公演 今夏も

民藝の地元公演 今夏も

26日から黒川の稽古場で

7月26日~7月30日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

お問い合わせ

外部リンク