麻生区版 掲載号:2018年1月12日号
  • LINE
  • hatena

小中学生の発想力 一堂に 発明クラブ生徒の作品展

教育

 区内小中学生らに、ものづくりや発明への興味を持ってもらおうと活動している川崎北部少年少女発明クラブ(安村通晃会長)。

 同クラブ生徒が取り組んできた「アイデアものづくり」の創作品などを展示する「発明工夫展」が高津区のてくのかわさき(市生活文化会館)で開催される。日時は1月20日(土)の午前10時30分から午後3時30分、21日(日)の午後1時から3時30分で入場自由。

会場内で工作教室も

 両日午後1時から、マユ玉などを使った工作ワークショップを開催。対象は小中学生で参加費500円(材料、教材資料)。事前予約が必要、定員50人。

 ワークショップは指導員から工作について学びながら、マユ玉や木製台、ワイヤーといった基本提供材とLEDライト、電池などを用いて自由な発想で作品作りを行う。完成品は持ち帰りも可。持ち物は筆記用具とハサミやピンセット。接着剤や顔料ペンなどは用意されたものを使用する。

 参加希望者は【1】参加者名、【2】学校と学年、【3】住所、【4】電話番号を明記し、発明クラブ四方さん方へファックス(【FAX】044・966・0472)で送信を。詳細や問合せは四方さん(【携帯電話】090・4249・3603)へ。締切は1月17日(水)、応募多数の場合は抽選。

麻生区版のローカルニュース最新6件

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 10月5日0:00更新

  • 8月17日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

争いの歴史 楽曲で表現

昭和音大生自主企画

争いの歴史 楽曲で表現

各時代の音楽作品を披露

12月17日~12月17日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第140回 シリーズ「麻生の歴史を探る」水争い 後編参考資料:「横浜青葉区史」「ふるさとは語る(柿生郷土史刊行会)」「歩け歩こう麻生の里」「川崎市史」「新編武蔵風土記稿」

    12月7日号

  • あさおマンスリー

    12月 December

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    12月7日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク