麻生区版 掲載号:2018年3月23日号 エリアトップへ

月9ドラマ『海月姫(くらげひめ)』の脚本を手掛けた 徳永 友一さん 中原区在住 41歳

掲載号:2018年3月23日号

  • LINE
  • hatena

ドラマは人生の教科書

 ○…原作ファンのイメージに近づけながら、ドラマならではの設定も取り入れるなど意欲作となった。これまで『僕たちがやりました』『ホームレス中学生』など数多くの漫画や書籍をドラマ化。今作も少女漫画をもとに念願だった「月9でラブコメディー」を実現させた。「原作付きドラマは自分の中で一度かみ砕いて再構築する作業。職人芸の様な所があり、原作者の方に面白いと言われると嬉しい」

 ○…日頃から「これはドラマになるな」という視点でニュースを見て、売れている本をチェックしに地元書店を巡る。以前担当した刑事ドラマでは、「現代女性ならではの事件をテーマに」というプロデューサーの要望に対し、ニュースで見かけた「リア充代行サービス」という情報を元ネタに、時代をとらえた切り口で物語を紡いだことも。「作品づくりで大切にしているのは、視聴者の『今』に寄り添う目線。現代人が何を見ているか意識している」

 ○…横浜市出身。中学生でドラマにハマり、特に好きだったのは『101回目のプロポーズ』。「弱くても人は変われることを表現していて、当時の自分は勇気づけられた。ドラマは人生の教科書。学校では学べない、いろんなことを教えてくれる」。大学卒業後、働きながら脚本家を目指し、人生が一変したのは28歳のころ。テレビ局に持ち込んだドラマ企画『電車男』で地上波デビューが決定。同じ頃、武蔵小杉のアパートに妻と暮らし始めた。「当時は、ちょうどタワーマンションが建ち始めたころだった。眺めながら、いつかここで暮らせたらと思いましたね」と当時を振り返る。

 ○…脚本家として書き続けられるのは、「こうした方が面白くなる、というのがわかってくるから」。今後は映画にも進出したいと考えている。「脚本家の枠は限られている。打席に立たせてもらえるだけでありがたい。疲れたなんて言ってられない」。これからも第一線で走り続ける。

麻生区版の人物風土記最新6

登里 享平さん

川崎フロンターレDF(ディフェンダー)で背番号「2」をつける

登里 享平さん

30歳

2月26日号

和泉 杏奈さん

【Web限定記事】ご当地アイドル「川崎純情小町☆」で麻生区、多摩区を担当する

和泉 杏奈さん

川崎市在住

2月19日号

松田 肇さん

麻生ヤマユリ植栽普及会の会長を務める

松田 肇さん

王禅寺東在住 75歳

2月12日号

鈴木 正視さん

令和2年度川崎市自治功労賞に選ばれた五力田町内会長の

鈴木 正視さん

五力田在住 73歳

2月5日号

竹市 八郎さん

地域でボランティア活動を続ける

竹市 八郎さん

万福寺在住 84歳

1月29日号

原 嘉孝さん

ジャニーズJr.で、舞台「両国花錦闘士」の主演を務める

原 嘉孝さん

中原区出身 25歳

1月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月26日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

研修会で詐欺防止へ

研修会で詐欺防止へ

動画上映・講演会も

3月12日~3月12日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク