麻生区版 掲載号:2018年7月27日号 エリアトップへ

王禅寺中央小高橋君 囲碁の全国大会出場 小学生最後で県代表に

文化

掲載号:2018年7月27日号

  • LINE
  • hatena
碁を打つ高橋君
碁を打つ高橋君

 王禅寺中央小6年の高橋大地君(11)が、7月31日、8月1日に日本棋院東京本院(東京都千代田区)で開催される「第39回文部科学大臣杯 少年少女囲碁大会」に神奈川県代表として初出場する。

 この大会は囲碁三段以上の小・中学生を対象に、各都道府県の代表者で行われる。5月に行われた神奈川県予選で高橋君は小学生の部で準優勝し、代表3人の中に選ばれた。

麻生区内からは、金程中2年の名児耶凱君も中学生の部に出場する。

 高橋君は祭り会場のブースで体験したことをきっかけに、小学校に上がる前から囲碁を習い始めた。現在は新百合囲碁学園と世田谷区の緑星囲碁学園に週4日通い仲間と切磋琢磨するほか、自宅でも毎日棋譜並べや詰碁などをして力をつけている。憧れの棋士は井山裕太九段だといい、「タイトルをいっぱい獲っているところや、日本の代表として世界で活躍する姿がかっこいい」と語る。

精神面が強化

 「勝ち負けがあって勝てると嬉しい」と囲碁の魅力を話す高橋君。昨年開催された「第21回花まる学習会杯ジュニア本因坊戦」の神奈川大会で準優勝し、続く今年の全国大会では17位になるなど近頃調子が上がってきた。少年少女囲碁大会には出場資格を得てから毎年挑戦し続け、今回初めて個人戦で全国に進出。高橋君を教える新百合囲碁学園の星合真吾さん(23)は「実力は十分にある。精神面が強くなりミスが少なくなった。しっかり集中できれば勝ち進めるはず」と分析する。高橋君は「小学生でこの大会に出るのは最後。優勝したい」と力強く目標を語る。

 体を動かすことも好きだという高橋君は将来、「文武両道でこれからも囲碁を続けて、強くなりたい」と話している。

麻生区版のトップニュース最新6

子どももシニアも「顔見知り」

区市民提案型協働事業

子どももシニアも「顔見知り」 社会

食育通じて世代交流

9月18日号

バスケで挑め「SDGs」

Bリーグ川崎BT

バスケで挑め「SDGs」 社会

市と協定 健康など3本柱

9月18日号

再整備に向け調査開始

北部市場

再整備に向け調査開始 経済

民間アイデア活用へ

9月11日号

標識設置 3割どまり

防災農地

標識設置 3割どまり 社会

市、年間30カ所増で周知へ

9月11日号

迷惑電話防止機器を貸出

麻生警察署

迷惑電話防止機器を貸出 社会

特殊詐欺撲滅 9団体協力

9月4日号

浸水対策 移転も視野

川崎市市民ミュージアム

浸水対策 移転も視野 社会

低地盤、収蔵庫上階は困難

9月4日号

令和2年国勢調査を実施します!

日本に住んでいるすべての人が対象です。インターネットでの回答が便利です。

https://www.kokusei2020.go.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月11日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

  • 8月7日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月18日号

お問い合わせ

外部リンク