麻生区版 掲載号:2018年7月27日号 エリアトップへ

王禅寺中央小高橋君 囲碁の全国大会出場 小学生最後で県代表に

文化

掲載号:2018年7月27日号

  • LINE
  • hatena
碁を打つ高橋君
碁を打つ高橋君

 王禅寺中央小6年の高橋大地君(11)が、7月31日、8月1日に日本棋院東京本院(東京都千代田区)で開催される「第39回文部科学大臣杯 少年少女囲碁大会」に神奈川県代表として初出場する。

 この大会は囲碁三段以上の小・中学生を対象に、各都道府県の代表者で行われる。5月に行われた神奈川県予選で高橋君は小学生の部で準優勝し、代表3人の中に選ばれた。

麻生区内からは、金程中2年の名児耶凱君も中学生の部に出場する。

 高橋君は祭り会場のブースで体験したことをきっかけに、小学校に上がる前から囲碁を習い始めた。現在は新百合囲碁学園と世田谷区の緑星囲碁学園に週4日通い仲間と切磋琢磨するほか、自宅でも毎日棋譜並べや詰碁などをして力をつけている。憧れの棋士は井山裕太九段だといい、「タイトルをいっぱい獲っているところや、日本の代表として世界で活躍する姿がかっこいい」と語る。

精神面が強化

 「勝ち負けがあって勝てると嬉しい」と囲碁の魅力を話す高橋君。昨年開催された「第21回花まる学習会杯ジュニア本因坊戦」の神奈川大会で準優勝し、続く今年の全国大会では17位になるなど近頃調子が上がってきた。少年少女囲碁大会には出場資格を得てから毎年挑戦し続け、今回初めて個人戦で全国に進出。高橋君を教える新百合囲碁学園の星合真吾さん(23)は「実力は十分にある。精神面が強くなりミスが少なくなった。しっかり集中できれば勝ち進めるはず」と分析する。高橋君は「小学生でこの大会に出るのは最後。優勝したい」と力強く目標を語る。

 体を動かすことも好きだという高橋君は将来、「文武両道でこれからも囲碁を続けて、強くなりたい」と話している。

麻生区版のトップニュース最新6

初の単著で大臣新人賞

和光大学教授

初の単著で大臣新人賞 教育

越中おわら風の盆を描く

4月3日号

入学式 来週実施へ

市立学校

入学式 来週実施へ 社会

授業再開は検討続く

4月3日号

子年だけの観音開帳

星宿山王禅寺

子年だけの観音開帳 文化

12年に一度 4月1日から

3月27日号

新制度に相談急増

川崎市中小融資

新制度に相談急増 経済

コロナ窓口、半月で875件

3月27日号

国文化財に正式登録

二ヶ領用水

国文化財に正式登録 文化

川崎市 案内板新設へ補助金申請

3月20日号

親子向け行事ガイド完成

区民会議発市民団体

親子向け行事ガイド完成 教育

魅力知り「ふるさと」感じて

3月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月6日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク