麻生区版 掲載号:2018年8月3日号
  • LINE
  • hatena

「子どもたちに本物を」 学校劇団が初の一般公演

文化

影絵など多様な演出=提供
影絵など多様な演出=提供
 川崎市内ほか全国の小学校で公演を行う「劇団KIZNA工房」(服部正代表)が、初めての一般公演を新百合21ホールで行う。8月15日から8月17日まで、全5公演。

 劇団四季出身者ら演劇界で活躍する俳優・スタッフが個々の活動を継続しながら参加する同劇団。服部代表は「大きな劇場で行われる演劇と学校の観賞会で行われる演劇のレベルに差があるというイメージを払拭し、子どもたちにこそ質のよい本物を届けたい」と設立の理由を語る。2010年から小学校の芸術観賞会でミュージカル公演を行っており、今までに全国で439校、川崎市では区内含め65校で公演している。

 今回は、親子で芸術作品に触れてほしいという思いから、小学校公演で行っている演目の一つ「しあわせの王子」を上演する。オスカー・ワイルドの原作を基にしたオリジナル脚本で、サファイアの瞳とルビーの飾りをもつ王子の銅像と一話のツバメの物語だ。全編クラシック音楽で構成され、影絵やバレエといった演出も見どころ。「子ども向けの演劇というイメージが変わると思う。笑いあり、涙ありで年齢問わず楽しめるので、ぜひご覧ください」と服部代表。

 チケットは大人2800円、小学生から高校生まで1000円、未就学児無料(16日、17日の昼の部のみ入場可能)。開演時間やチケットの予約など詳細は同劇団【電話】03・6429・7587、【URL】https://www.sin-kikaku.com/へ。

麻生区版のローカルニュース最新6件

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 10月5日0:00更新

  • 8月17日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

争いの歴史 楽曲で表現

昭和音大生自主企画

争いの歴史 楽曲で表現

各時代の音楽作品を披露

12月17日~12月17日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第140回 シリーズ「麻生の歴史を探る」水争い 後編参考資料:「横浜青葉区史」「ふるさとは語る(柿生郷土史刊行会)」「歩け歩こう麻生の里」「川崎市史」「新編武蔵風土記稿」

    12月7日号

  • あさおマンスリー

    12月 December

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    12月7日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク