麻生区版 掲載号:2018年9月7日号
  • googleplus
  • LINE

9月 September あさおマンスリー 麻生区長  多田貴栄

 今月は禅寺丸柿の保存・普及活動についてご紹介します。

 約800年前に王禅寺の山中で発見されたといわれ、小粒で甘みが強く、柿生の名の由来となるほど、地域の生活を長年支えてきましたが、昭和40年代に新しい品種の登場や急速な都市化により市場から姿を消しました。

 この貴重な地域資源である禅寺丸柿を後世に伝えるため、平成7年に「柿生禅寺丸柿保存会」が発足し、学校、公園等への植樹のほか、禅寺丸柿を原料とするワインの製造販売など、保存・普及活動が行われてきました。

 また平成19年に王禅寺の原木を含め7本の禅寺丸柿が国の登録記念物となり、平成24年には区制30周年を記念して、区の木に選ばれ、「禅寺丸柿サミット」が開催されました。これを機に10月21日を「禅寺丸柿の日」として、保存会・麻生観光協会の皆さまが柿もぎ体験などのイベントを実施しています。

 その他、柿生中央商店会による禅寺丸柿まつりの開催、キャラクター「かきまるくん」の誕生、菓子の創作など、地域全体で保存・普及に取り組んでいます。麻生区の宝である禅寺丸柿の魅力を多くの方に知っていただければ幸いです。

麻生区版のコラム最新6件

柿生文化を読む

柿生文化を読む

10月12日号

あさおマンスリー

10月 October

あさおマンスリー

10月5日号

歯ウ・トゥ・ケア

ホワイトファミリーつつみ先生の

歯ウ・トゥ・ケア

9月28日号

柿生文化を読む

柿生文化を読む

9月28日号

柿生文化を読む

柿生文化を読む

9月21日号

歯ウ・トゥ・ケア

ホワイトファミリーつつみ先生の

歯ウ・トゥ・ケア

8月31日号

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク