麻生区版 掲載号:2018年9月7日号
  • LINE
  • hatena

土砂災害警戒区域 区内306カ所を調査 より危険な区域を検証

社会

土砂災害特別警戒区域と土砂災害警戒区域
土砂災害特別警戒区域と土砂災害警戒区域
 大雨で崩壊の恐れがある「土砂災害警戒区域」が川崎市内で最も多い麻生区。県内で進められている同区域の調査が今年度から区内でも始まり、より危険な「土砂災害特別警戒区域」の洗い出しが行われている。

 土砂災害警戒区域は、傾斜が30度以上で高さ5メートル以上の急傾斜地とその周辺などで、土砂災害防止法によって指定されている。「特別警戒区域」は更に危険な範囲として、がけの上端から5メートル下がった位置から、崩落により建築物が破壊される場所までの「住民に危害が生じる恐れのある区域」などとなっている。

 99年に広島県で起こった大規模な土砂災害などを契機に、県は警戒区域の調査を05年度から実施。麻生区は市内最多となる306カ所が指定を受けている。

 更に危険な特別警戒区域の県内調査は15年度から始まり、既に相模原市内231カ所を指定。川崎市内では昨年から多摩区の調査が行われており、麻生区では6月から机上調査が始まり、今後、現地調査と測量を行い、詳細なデータの収集に取りかかる。

速やかに公表へ

 調査を行っている県横浜川崎治水事務所川崎治水センターは「警戒区域はイエロー、特別警戒区域はレッドゾーンという認識。これまでの他市調査では警戒区域内の7、8割が特別警戒区域に該当している。特別警戒区域の指定を受けると建築物の構造規制などが生じるが、人命が最優先。調査結果は速やかに公表していく」と話す。

 麻生区の基礎調査は19年度までを予定しており、調査結果を公表した後、土地所有者や周辺住民らに向けた説明会、市への意見聴取を経て特別区域の指定、公示が行われる。

麻生区版のトップニュース最新6件

30〜50代男性 無料に

風疹抗体検査

30〜50代男性 無料に

12月14日号

住みよい環境作り50年

百合ヶ丘勧交会

住みよい環境作り50年

12月14日号

「公認心理師」来春から養成

田園調布学園大学

「公認心理師」来春から養成

12月7日号

長期休日、午前8時開始へ

わくわくプラザ

長期休日、午前8時開始へ

12月7日号

住民自治推進へ新施策

同門合唱団 4年ぶり公演

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 10月5日0:00更新

  • 8月17日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

争いの歴史 楽曲で表現

昭和音大生自主企画

争いの歴史 楽曲で表現

各時代の音楽作品を披露

12月17日~12月17日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第140回 シリーズ「麻生の歴史を探る」水争い 後編参考資料:「横浜青葉区史」「ふるさとは語る(柿生郷土史刊行会)」「歩け歩こう麻生の里」「川崎市史」「新編武蔵風土記稿」

    12月7日号

  • あさおマンスリー

    12月 December

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    12月7日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク