麻生区版 掲載号:2018年9月21日号 エリアトップへ

今年7月から和光大学学長を務める 井出 健治郎さん 埼玉県在住 51歳

掲載号:2018年9月21日号

  • LINE
  • hatena

”異質なパワー”を光らせる

 ○…区内岡上にもキャンパスが面する和光大学の学長に就任し2カ月あまり。「授業やゼミをかけ持ちしながらやっと慣れてきた」と柔らかな笑みを浮かべる。教育機関として「学生たちを育てて社会に送り出すことをしっかりやりたい」としつつ「和光が築いてきた、人と違う学生の良いところ=『異質力』を引き出し、高めることをこれからも磨きたい」と望む。

 ○…埼玉県草加市で生まれ育ち、現在も暮らす。まちに大学があり、遊び場や検定試験会場として地域の中にある大学に親しみを持っていた。友達の前で物まねを披露するような笑いの絶えない少年は、大学と大学院で会計学、医療政策学を専攻。出会った4人の恩師の人柄に惹かれ、自身も教員の道に進んだ。同大学には1998年に着任。20年以上電車で2時間かけて通うというが「春には小魚、秋には柿と、四季を感じることができる鶴見川を見ながら通勤路を歩くのが好き」と同地に愛着も生まれた。

 ○…趣味は釣り、テニス、料理と多彩。釣りは長男と、テニスを次男と楽しみ、料理では釣った魚を捌いて調理し、妻と一緒に毎朝、朝食をつくる。「私一人で楽しむよりも誰かと楽しむほうがいい。家族と一緒に過ごすことで元気をもらっている」と明るい表情でパワーの源を明かす。

 ○…「異質力」を大学全体に適用し、他とは違う個性を光らせたいという。今までも産学連携やオープン・カレッジなど地域と関わり深いが「災害など万一のときも、場所や教育資源をフル活用して下支えができれば」。自身の経験から「地域が親しみを持ってくれることは、大学にとっても良さがあるはず。『何かあったら和光へ』と意識してもらえる存在になれるよう、活動や発信をしていきたい」と力を込める。

麻生区版の人物風土記最新6

小泉 清さん

国交省から表彰を受けた早野聖地公園里山ボランティアの会長を務める

小泉 清さん

上麻生在住 71歳

8月9日号

萩坂 心一さん

平和の大切さを継承する市民団体「平和を願う会」で共同代表を務める

萩坂 心一さん

多摩区在住 61歳

8月2日号

永井 和美さん

子育てママの地域ネットワーク「Linkmama」の代表を務める

永井 和美さん

栗平在住 44歳

7月26日号

三輪 輝子さん

創作人形作家で7月25日から都内で個展を開催する

三輪 輝子さん

王禅寺西在住 71歳

7月19日号

成田 正弘さん

川崎白百合ライオンズクラブの2019-20年度会長を務める

成田 正弘さん

五力田在住 44歳

7月12日号

親松 明さん

2019-2020年度川崎麻生ロータリークラブ会長の

親松 明さん

早野在住 78歳

7月5日号

辻村 一男さん

7月に恩廻公園調節池の見学会を行う「CCあさお」代表の

辻村 一男さん

王禅寺西在住 77歳

6月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

活弁付上映を野外で

活弁付上映を野外で

西生田小で初開催

8月24日~8月24日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第155回 シリーズ「麻生の歴史を探る」蚕影山信仰 後編 文:小島一也(遺稿)

    8月9日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク