麻生区版 掲載号:2018年11月9日号
  • LINE
  • hatena

桐光学園合唱部 ライバル2人が全国へ 声楽でコンクール出場

文化

全国大会で活躍を誓った林君(左)と加野君
全国大会で活躍を誓った林君(左)と加野君

 桐光学園(栗木)合唱部に所属する2人が、12月3日に東京都で開催される「日本クラシック音楽コンクール」声楽高校男子部門の全国大会に出場する。ライバル同士が切磋琢磨しながら全国に辿り着いた。

 同大会はクラシック音楽の普及とレベル向上、才能ある人材発掘を目的として(一社)日本クラシック音楽協会が主催。今年で28回目を迎える。

 同校合唱部から出場するのは、テノールの林和希君(高3)と、バリトンの加野喬大君(高1)。同じ声楽ソロで出場する。2人とも昨年は全国各地で行われる本選までの出場だったため「今年はリベンジ」と意気込む。

 10月の地区本選は「自分の中の良いイメージと比べたら出来は45点」と振り返る林君。加野君は体調不良で「気持ちで持たせながらだった」という。決して良い状態ではなかったが全国出場ラインの80点以上を出し次へ駒を進めた。

存在が刺激に

 2学年差のある2人だが互いの存在に刺激を受けているという。先輩の林君について加野君は「まわりとは違う広がる歌声を参考にしている。面白い一面もある」と語る。一方で加野君を「まじめで生意気な後輩」と評する林君。「1年でどのくらい成長するのか見守ってもいるが、こいつにだけは負けたくない」とライバル心をのぞかせる。

負けられない勝負

 全国大会に向け林君は「息継ぎが課題とはっきりしている。どこまで課題を埋められるかになってくると思う」と自己分析し「他の人には負けたくない。1位を取りたい」と力強く宣言する。加野君は「緊張しやすい点を克服したい。(林君が)先輩だからといって負けるつもりはない」と返す。合唱部顧問の上田武夫教諭は「林君は日々鍛錬を、加野君は背伸びしすぎずにやってもらいたい」とエールを送っている。

麻生区版のトップニュース最新6件

52校、15人でカバー

中学校給食栄養士

52校、15人でカバー

3月22日号

「ヤマユリの丘」再生めざす

憩いの場にリニューアル

新百合ヶ丘駅南口水景施設

憩いの場にリニューアル

3月15日号

設置指針 14年ぶり改定

公共施設AED

設置指針 14年ぶり改定

3月15日号

食品ロス対策を強化

フードバンクかながわ

食品ロス対策を強化

3月8日号

区役所に宅配ボックス

介護のお仕事、職場見学会受付中

ヒューマンライフケア㈱の地元の施設で一緒に働きませんか?お気軽にお問合せを

http://recruit.human-lifecare.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

  • 10月5日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

避難勧告時の備えとは

避難勧告時の備えとは

高齢者向け講座を開催

3月29日~3月29日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第146回 シリーズ「麻生の歴史を探る」名家志村家 後編

    3月15日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年3月22日号

お問い合わせ

外部リンク