麻生区版 掲載号:2018年11月23日号 エリアトップへ

シンガーソングライターとして活動し、かわさき産業親善大使に今月着任した yucat(ユキャット)さん (本名:加藤 有加利)和光大学出身 33歳

掲載号:2018年11月23日号

  • LINE
  • hatena

物語でつなぐ国、歌にのせ

 ○…7月の民家園通り商店会夏まつり(多摩区)では、プロレスの野外特設リング上で歌声を披露。生田緑地で行われる今月25日の食の祭典や、12月のたま音楽祭など市内のライブ出演が続く。「夏まつりには中学時代の友達も来てくれて。ライブで地元話ができるのは嬉しい」と笑顔がはじける。「音楽を通して、川崎のステキな場所を伝えたい」。川崎に思いを込め、親善大使としてスタートを切る。

 ○…幼少から歌を口ずさみ、4歳から高3まで武蔵小杉のエレクトーン教室に通った。市立子母口小学校時代は習字や英会話のほか水泳、陸上もこなす多芸ぶり。市立東橘中学校の演劇部で、後にコーラスデュオRYTHEM(リズム)を結成する相方と出会い、共に県立多摩高校の軽音楽部へ。高3でメジャーデビューし、NHK連続ドラマ小説「てるてる家族」主題歌を担当。曲作りや撮影のため日帰りで全国各地を飛び回る高校生活だったが、「応援してくれる友達や先生も多かった」と感謝を口にする。

 ○…和光大学表現学部卒業後もドラマ、アニメへの楽曲提供など音楽活動を続け、2011年に解散。yucat(ユキャット)としてソロ活動を始め、作詞作曲のほかストーリー仕立てのライブ演出や脚本、DVDパッケージデザインなど自作自演であらゆる企画を手がける。大切にする世界観は「強烈な闇は光となる」。アルバム制作は「物語でつながった国をつくるイメージ」といい、7年で5作品25曲を発表。「ずっと作り続けたい。50歳くらいでまとまるかな」。探究心があふれる。

 ○…デュオ時代は生田緑地、ソロでは川崎の工業地帯で船上ライブも。母校近くの二ヶ領用水や桜もお気に入りスポットだ。密かな夢は「川崎のテーマソング作り」。川崎発の歌手として突き進む。

麻生区版の人物風土記最新6

藤本 智美(としみ)さん

「かわさきマイスター」に今年度認定された「エチエンヌ」オーナーシェフの

藤本 智美(としみ)さん

岡上在住 49歳

1月15日号

新井 文人さん

川崎青年会議所の第71代理事長に就任した

新井 文人さん

川崎区渡田山王町在住 36歳

1月8日号

今井 雄也さん

市民団体「あさおのSDGs」代表を務める

今井 雄也さん

上麻生在住 43歳

1月1日号

小野 さくらさん

災害時地域ネットワークづくりを進める「まごころキッチンプロジェクト」の代表を務める

小野 さくらさん

千代ヶ丘在住 44歳

12月4日号

小林 亜希子さん

麻生区内をはじめ全国で活躍する二胡奏者の

小林 亜希子さん

万福寺在住 

11月27日号

脇坂(わきざか) 泰斗さん

川崎フロンターレMFで背番号「8」を付けてプレーする

脇坂(わきざか) 泰斗さん

横浜市青葉区在住 25歳

11月20日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク