麻生区版 掲載号:2018年11月30日号 エリアトップへ

ホワイトファミリーつつみ先生の 歯ウ・トゥ・ケア How To Care vol.101日で銀歯は白い歯に替えることが可能です

掲載号:2018年11月30日号

  • LINE
  • hatena

 今回は1回の治療、60分で金属の銀歯が超精密な、真っ白なセラミックの歯にできるというお話。

 保険診療での銀歯は精密ではなく、数カ月で接着剤が溶出したり、酸やアルカリで金属の腐食もおきます。加えて合金は発がん性が海外では認められていて、十年以上前から欧州ではメタル修復を禁止しています。

 また精密な接着でないと隙間ができ、糸ようじが引っかかる「フロスフック状態」を招くことで数年で虫歯が再発し、銀歯の脱離や歯の欠損、更に歯周病も進行します。しかも大体は無症状で自覚は無し。判明した時は大体が神経の除去や抜歯となります。

 銀歯から白い歯に入れ替える治療は1つの歯で一般的には10万前後です。主にCAD/CAMを活用し、デジタル3Dで削り出します(保険診療外の自由診療ですが、私のクリニックでは、超精密なミクロン調整をして3万円です)。

 大人むし歯は、症状もなく進行する場合が多いので、早めに『予防歯科』で診察を受けましょう。海外では、成人は3カ月ごとの歯周病予防の検診が習慣化しています。また精密な治療を行うクリニックも多く、隠れ虫歯も隠れ歯周病もないのです。

 私たちは日本でもこの習慣を根付かせたいと切に考えています。
 

麻生区版のコラム最新6

GO!GO!!フロンターレ

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」中世人の生活の舞台としての鶴見川【6】 「鶴見寺尾絵図2」【1】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

1月8日号

GO!GO!!フロンターレ

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」中世人の生活の舞台としての鶴見川【5】 「鶴見寺尾絵図」【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

11月27日号

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」中世人の生活の舞台としての鶴見川【5】 「鶴見寺尾絵図」【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

11月13日号

GO!GO!!フロンターレ

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク