麻生区版 掲載号:2018年12月7日号
  • LINE
  • hatena

都市デザインの専門家として学生らと金程の自由広場「カナドコロ」運営を行う 遠藤 新さん 百合丘在住 45歳

誰でも参加できる”場”作り

 ○…30年間利用されずに空き地となっていた金程の市有地を昨年10月、誰でも利用できるスペース「カナドコロ」として生まれ変わらせた。集いの場としての役割も備え、今月9日には雑貨店や飲食店などが集まるマーケットを開催。「子どもや地域の方にまずは来てもらい、のんびりした時間を過ごしてほしいです」

 ○…工学院大学建築学部教授。数年前、都内で行われた空き地利用に関するシンポジウムでコーディネーターを務めた際、川崎市の関係者から声をかけられた。「偶然、麻生区に住んでいたこともあり話が弾んで」というのがカナドコロ誕生の発端。産学公の連携で空き地を試験運用する試みとして、研究室の学生らと運営を担うことになった。「ここは自由に使えて、緑の力を生かしながら地域の方々と徐々に育てていく場所」。オープン後に日よけ設置や植栽を行うなど改良を加え、居心地の良さも増している。

 ○…工学院大学で教鞭をとることになった10年ほど前、区内に居を構えた。麻生区に住んでみての印象は「都心から戻ってくるとゆったりした時間があり、住環境が良いなって思います」。休日は子ども2人が通う野球チームでコーチを務めるなど「普段が忙しいので奥さんのサポートに努めています」と笑う。

 ○…現在は都内や岩手県でも関連事業に取り組む。プレイスメイキングの専門家として、人口減少社会が迫る現状を「空き地を建築的に利用する時代は終わった。建物ではない空間をいかに継続していくかが大事」。街中の広場など、コストをかければ何でもできるが維持することに課題は残る。「誰でも気軽に管理などに参加できるような、マネジメントの負荷軽減が実現できる仕組みを考えていくことが自分の役割だと思っています」

麻生区版の人物風土記最新6件

藤原 俊六郎(しゅんろくろう)さん

農学博士として明治大学との土壌肥料研究や地域講座などを行っている

藤原 俊六郎(しゅんろくろう)さん

3月22日号

長尾 大輔さん

「川崎ものづくりブランド」に認定された理化学機器を取り扱う(株)ナガオシステムの

長尾 大輔さん

3月15日号

近藤 文雄さん

音楽療法セラピストとしてイベントスペースや福祉施設で「歌声家族」を主催する

近藤 文雄さん

3月8日号

下八川 共祐さん

川崎・しんゆり芸術祭(アルテリッカしんゆり)2019の実行委員長を務める

下八川 共祐さん

3月1日号

チョン ソンリョンさん

川崎フロンターレのGK(ゴールキーパー)としてプレーする

チョン ソンリョンさん

2月22日号

加藤 健(たけし)さん

市民交流館やまゆりでSNS活用の講座を開催している

加藤 健(たけし)さん

2月15日号

介護のお仕事、職場見学会受付中

ヒューマンライフケア㈱の地元の施設で一緒に働きませんか?お気軽にお問合せを

http://recruit.human-lifecare.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

  • 10月5日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

避難勧告時の備えとは

避難勧告時の備えとは

高齢者向け講座を開催

3月29日~3月29日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第146回 シリーズ「麻生の歴史を探る」名家志村家 後編

    3月15日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年3月22日号

お問い合わせ

外部リンク