麻生区版 掲載号:2019年3月15日号 エリアトップへ

「川崎ものづくりブランド」に認定された理化学機器を取り扱う(株)ナガオシステムの 長尾 大輔さん 五力田在住 45歳

掲載号:2019年3月15日号

  • LINE
  • hatena

可能性を開くのは情熱

 ○…区内片平で理化学機器の製造、販売を行う(株)ナガオシステムで渉外を担う。先月には社長で父の文喜さんが開発した「3次元ボールミル」が川崎ものづくりブランドに認定された。高速3次元回転により、2次元回転では不可能だった有機物と無機物の混合や分散などを可能にする。「バッテリーやエレクトロニクス材料、インク材や化粧品にも応用でき、身近な製品がよりよいものになる可能性がある」。そう語る姿は誇らしげだ。

 ○…福島で生まれ、5歳の頃に片平へ。技術者の父が作業する姿を見ながら「なんでぐるぐる回る機械で家族が食べていけるのかが不思議だった」。日本史が得意だった「文系」で、大学では経営学部に進学。6年ほど一般企業に努めた後に同社へ。入社後は「思っている以上に中小企業がやることが多くて驚いた」が、やりがいを感じる面でもある。製品を説明するための知識をつけようと、35歳から理系の大学院に通い修士号を取得。現在は日本全国やタイ、台湾、アメリカなど世界中で同社製品を売り込む一方、博士課程にも通う。

 ○…地方や海外への出張で普段とは異なる景色に触れ「ちょっとした旅行気分で楽しんでいる」とリフレッシュ。結婚後も麻生区内に住む。「麻生は四季が楽しめるところがいい。田んぼや桜、タヌキも出てきて。こんなにローカルで、ほどよく都会なところは他にない」と笑顔を見せる。

 ○…好きな言葉は以前の上司が言っていた「気合と情熱」。国内外の取引先と接するうちに「気持ちと行動があればある程度何とかなる」と気づいた。「うちのような企業が海外と取引することはあまりない。でも研究者の悩みは世界共通。イノベーティブなものづくりを可能にしたい」。熱い思いで道を切り開いていく。

麻生区版の人物風土記最新6

米倉 日呂登(ひろと)さん

白山子ども図書館ほんの森で6月29日、父親の作品の朗読などを行う

米倉 日呂登(ひろと)さん

王禅寺西在住 60歳

6月21日号

アリマ・ジュンコさん本名・森原順子

イラストレーターとして6年ぶりとなる個展を都内で開催する

アリマ・ジュンコさん本名・森原順子

千代ヶ丘在住 70歳

6月14日号

中野 浩さん

桐光学園中学校・高等学校の校長に就任した

中野 浩さん

横浜市在住 61歳

6月7日号

藤田 直哉さん

東日本大震災にまつわる文芸誌「ららほら」を編著、創刊した

藤田 直哉さん

日本映画大学専任講師 36歳

5月31日号

ヤオ オフェイ アモアベンさん

日本の国民性などを外国人目線で語る講座を市民交流館やまゆりで行う

ヤオ オフェイ アモアベンさん

上麻生在住

5月24日号

小林 唯さん

劇団四季『パリのアメリカ人』横浜公演出演者の一人の

小林 唯さん

横浜市在住 劇団四季俳優

5月17日号

大村 哲郎さん

先月から麻生警察署の署長を務める

大村 哲郎さん

千代ヶ丘在住 59歳

4月26日号

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

自作ロケットを飛ばそう

自作ロケットを飛ばそう

発明クラブの夏休み企画

7月15日~7月15日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク