麻生区版 掲載号:2019年3月29日号 エリアトップへ

2月16日付で、女性として初の県宅建協会第9代事務局長に就任した 佐々木 由佳さん 川崎市在住 48歳

掲載号:2019年3月29日号

  • LINE
  • hatena

実直な姿勢で会の支柱に

 ○…平成9年に入職以来、運営管理、宅建業者の開業支援、そして宅建試験の受託など総務畑を中心に歩み、20年以上の月日を協会のさらなる成長のために捧げてきた。「まさかこんなに長く勤められるとは」と自身も驚きを持って振り返るが、実直な姿勢が認められ今回事務局長に。大役抜擢を受け、周囲の協力を得ながら肩肘張らずに業務に臨む構えだ。

 ○…川崎市出身。「聞き分けが良く、裏表がない」性格の子どもだった。高校まではピアノをたしなみ、大学ではサークル、バイトに精を出した。友達の困り事を引き受けては丁寧にこなすなど周りから「真面目で面倒見が良い」と評されることが多く、縁の下の力持ちのような振る舞いから「総務に向いていたのかも」と自任する。やりがいを感じるのは職員と立てた計画が成果として表れたとき。そうしたマネジメント力への期待も大きい。

 ○…体を動かすのが好きで、実妹からの誘いで始めた登山はキャリア10年以上。最近は八ヶ岳などに赴いた。一人で出かけ山小屋で夜を明かすこともあり、いつしかコンロを持参し、山中で温かい食事を摂るのが楽しみになった。登頂したときの達成感が、また次の登山への意欲をかき立てる。自身にとって最高の気分転換にもなっている。

 ○…今後について、まずは宅建業法に基づく諸事業の促進、継続に加え、消費者保護と会員支援につながる各種事業の強化が「最初の使命」と言明。男性会員が多い中、全体の15%とされる女性会員の増強も課題に挙げる。若い職員のアイデアも柔軟に取り入れながら課題を解決し、協会の支柱となって運営を一層盛り上げていく。「女性ならではの求められ方があると思うし、それに応えたい」。柔らかい口調からは凛とした意志ものぞかせた。

麻生区版の人物風土記最新6

斉藤 ゆき子さん(本名:大槻 之子)

朗読塾「ソフィアの森」を主宰するナレーターの

斉藤 ゆき子さん(本名:大槻 之子)

白鳥在住 57歳

10月11日号

西村 勝行さん

川崎市アートセンターで14日に開幕するミュージカル「ミラクル」の作曲、音楽監督を務める

西村 勝行さん

百合丘在住 68歳

10月4日号

杉浦 輝明さん

麻生ラグビースクールの校長として生徒の育成、競技の普及に努める

杉浦 輝明さん

横浜市青葉区在住 44歳

9月27日号

渡辺 孝一さん

11月開催の「あさおわくわくウォーク」を主催する麻生区青少年指導員会で長を務める

渡辺 孝一さん

上麻生在住 66歳

9月20日号

鈴木 絢子さん

29日に催される「百合丘ふるさとまつり」のメンバーとして企画、運営を行う

鈴木 絢子さん

高石在住

9月13日号

轟(とどろき) 淳次さん

国際ロータリー第2590地区(川崎・横浜)のガバナーに就任した

轟(とどろき) 淳次さん

三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 76歳

9月6日号

小林 昇さん

川崎市遊技場組合の組合長に就任した

小林 昇さん

(有)三島商事 代表取締役社長 55歳

8月23日号

あっとほーむデスク

  • 9月20日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第159回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 後編 文:小島一也(遺稿)

    10月11日号

  • あさおマンスリー

    10月 October

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    10月4日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第158回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 前編 文:小島一也(遺稿)

    10月4日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク