麻生区版 掲載号:2019年4月12日号 エリアトップへ

4月で1周年を迎えた「しんゆり交流空間リリオス」の運営に携わる 斎藤 泰子さん 東百合丘在住 60歳

掲載号:2019年4月12日号

  • LINE
  • hatena

第二の故郷に賑わいを

 ○…今月で1周年を迎えた「しんゆり交流空間リリオス」の立ち上げから、現在も運営に関わる。市民サークル活動の場やワークショップ、ハンドメイド作品の販売等「どうなることやらと思ったけれど、順調に利用してもらっている」と穏やかな笑みを浮かべる。今年度はカフェのリニューアルや自主企画事業の定期開催など、より良い場所づくりに励む忙しい日々だが「仕事が趣味みたいなもの」と心を弾ませる。

 ○…麻生区には結婚と子育てを機に25年前に来た。子どもが大きくなり働きに出ようと思っていた折、偶然見つけた求人募集で「(一財)川崎新都心街づくり財団」の事務局へ。まちづくりには縁遠く、初めこそ財団の仕事は「何をやっているかよくわからなかった」と笑って振り返る。財団主催で2014年から4年開催された「しんゆりマルシェ」では、商店主や近隣住民、大学生たちがまちに集い、にぎわいが生まれるのを実感した。「いろいろな人と関わるのが楽しくて」気づけば勤務歴は約15年になる。

 ○…福島で生まれるも幼い頃は転居が多かったため、一番長く住む新百合ヶ丘に対する愛着はひとしお。「新百合ヶ丘は第二のふるさと。都心に出ていく人も多いけれど、新百合もいいまちだよと伝えたくて」というのが仕事のモチベーションだ。娘も息子も独立し「寂しいけれど楽になった」。休日は夫とドライブで温泉旅行を楽しむ。

 ○…リリオスは財団と新百合ヶ丘商店会らで、子育て世代を中心に地域の多世代交流の拠点として設立。日ごろママたちが楽しそうにしている様子をあたたかく見守る。今後は「講座やカフェに訪れた人が『今度は自分が使ってみたい』と思ってもらえるリリオスにしたい」。人々でにぎわうまちづくりを支えていく。

麻生区版の人物風土記最新6

アリマ・ジュンコさん本名・森原順子

イラストレーターとして6年ぶりとなる個展を都内で開催する

アリマ・ジュンコさん本名・森原順子

千代ヶ丘在住 70歳

6月14日号

中野 浩さん

桐光学園中学校・高等学校の校長に就任した

中野 浩さん

横浜市在住 61歳

6月7日号

藤田 直哉さん

東日本大震災にまつわる文芸誌「ららほら」を編著、創刊した

藤田 直哉さん

日本映画大学専任講師 36歳

5月31日号

ヤオ オフェイ アモアベンさん

日本の国民性などを外国人目線で語る講座を市民交流館やまゆりで行う

ヤオ オフェイ アモアベンさん

上麻生在住

5月24日号

小林 唯さん

劇団四季『パリのアメリカ人』横浜公演出演者の一人の

小林 唯さん

横浜市在住 劇団四季俳優

5月17日号

大村 哲郎さん

先月から麻生警察署の署長を務める

大村 哲郎さん

千代ヶ丘在住 59歳

4月26日号

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

自作ロケットを飛ばそう

自作ロケットを飛ばそう

発明クラブの夏休み企画

7月15日~7月15日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク