麻生区版 掲載号:2019年4月26日号 エリアトップへ

5月 May あさおマンスリー 麻生区長  多田貴栄

掲載号:2019年4月26日号

  • LINE
  • hatena

 里地・里山、農地など緑豊かな自然と、芸術・文化が輝く麻生区は、美しく鮮やかな新緑、心地よい鳥のさえずりなど自然を身近に感じる季節を迎えました。

 自然に親しみながら、緑豊かな名所・旧跡、寺社巡りや区内各地のウォーキングコースを歩けば健康づくりにも繋がり、心身ともにリフレッシュできるのではと思います。

 この他、自然とふれあいながら親子や仲間と楽しめる公園など、区内には魅力あるスポットが多数あります。詳しくは、区のHPから「あさおウォーキングマップ」「あさおグリーンツーリズム」や、区役所で配布している「麻生観光ガイドブック」をご覧頂きたいと思いますが、今月は「新たに整備した散策路」と「区の木である禅師丸柿の原木」をご紹介します。

 多摩市との県境を歩く「多摩よこやまの道」から黒川へ続く緑地には、昨年、樹林地を巡る散策路が新たに整備されました。

 国の登録記念物に指定された樹齢450年と伝えられる「禅師丸柿」の原木は星宿山王禅寺にあり、その近隣には広い芝生広場や富士山が見える展望広場、子どもが遊べる遊具も備えた「王禅寺ふるさと公園」があります。

 また、今年11回目を迎えた「アルテリッカ」では、公演の他に「アート市」や「フードフェス」も開催され、まちの賑わいも楽しめますので、お出かけしてみませんか。
 

麻生区版のコラム最新6

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」県下最古の板碑〜寛元二年銘板碑等と御家人鴨志田氏について〜【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

10月22日号

GO!GO!!フロンターレ

GO!GO!!フロンターレ

大正橋のほとり癒しの庭が

区民記者が走る! vol.6 2021年 October

大正橋のほとり癒しの庭が

10月15日号

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」県下最古の板碑〜寛元二年銘板碑等と御家人鴨志田氏について〜【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

10月8日号

GO!GO!!フロンターレ

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ステージで発表・ライブ

ステージで発表・ライブ

10月29日 FAiCO出演

10月29日~10月29日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook