麻生区版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

区内各地 再整備加速へ 将来のまちづくり 進行中

経済

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena

 新時代「令和」元年が始まった。1974年の小田急線新百合ヶ丘駅開設、82年の多摩区分区などを経て成長してきた麻生区。平成から新元号へと移る節目の時期に、将来を見据えたまちづくりが地域で活発化している。

 今年1月、福田紀彦川崎市長と林文子横浜市長が会見を行い、「横浜市営地下鉄ブルーラインあざみ野(横浜市青葉区)―新百合ヶ丘」区間の延伸事業化を発表。2030年の開業を目指す同事業によって横浜市と川崎市、東京多摩地域の鉄道ネットワークが誕生する。

 柿生駅周辺では昨年3月、市が「同駅周辺地区まちづくりビジョン」を策定。南口を走る道路の再整備や駅前の賑わい創出などを打ち出した。これと歩調を合わせる動きとして、駅南口ロータリーの拡張や商業施設を含む都市型住宅の建設計画も進められている。

 区内ではここ数年、住宅地価の横ばい状態が続く。麻生区内の不動産業者は地下鉄延伸等が影響した状況の変化は少し先の話としながらも「将来に向けた整備が進み、暮らしやすさのメリットが大きくなれば周辺の土地から波及して麻生区内の評価も高まってくるのでは」と期待を寄せる。

麻生区版のトップニュース最新6

地域拠点100カ所洗い出し

地域拠点100カ所洗い出し 社会

「まちのひろば」集約目指す

11月15日号

川崎F(フロンターレ)に運営権

生田浄水場新スポーツ拠点

川崎F(フロンターレ)に運営権 経済

市が整備計画、22年完成へ

11月15日号

水没品 市費修復へ

川崎市市民ミュージアム

水没品 市費修復へ 文化

9万点は保険補償外

11月8日号

構内に「街中ピアノ」

新百合ヶ丘駅

構内に「街中ピアノ」 文化

常設に向け4カ月実験

11月8日号

水没品 市費修復へ

賞金で市内被災地支援

川崎F

賞金で市内被災地支援 スポーツ

ルヴァン杯優勝 心一つに

11月1日号

在宅リハビリにIT技術

在宅リハビリにIT技術 経済

区内企業ら 新ソフト開発

11月1日号

あっとほーむデスク

  • 9月20日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

聖夜祝うフルートの音色

聖夜祝うフルートの音色

クリスマス公演 今年も

12月2日~12月2日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク