麻生区版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

区内各地 再整備加速へ 将来のまちづくり 進行中

経済

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena

 新時代「令和」元年が始まった。1974年の小田急線新百合ヶ丘駅開設、82年の多摩区分区などを経て成長してきた麻生区。平成から新元号へと移る節目の時期に、将来を見据えたまちづくりが地域で活発化している。

 今年1月、福田紀彦川崎市長と林文子横浜市長が会見を行い、「横浜市営地下鉄ブルーラインあざみ野(横浜市青葉区)―新百合ヶ丘」区間の延伸事業化を発表。2030年の開業を目指す同事業によって横浜市と川崎市、東京多摩地域の鉄道ネットワークが誕生する。

 柿生駅周辺では昨年3月、市が「同駅周辺地区まちづくりビジョン」を策定。南口を走る道路の再整備や駅前の賑わい創出などを打ち出した。これと歩調を合わせる動きとして、駅南口ロータリーの拡張や商業施設を含む都市型住宅の建設計画も進められている。

 区内ではここ数年、住宅地価の横ばい状態が続く。麻生区内の不動産業者は地下鉄延伸等が影響した状況の変化は少し先の話としながらも「将来に向けた整備が進み、暮らしやすさのメリットが大きくなれば周辺の土地から波及して麻生区内の評価も高まってくるのでは」と期待を寄せる。

麻生区版のトップニュース最新6

救う会が募金開始

心臓の難病南美ちゃん

救う会が募金開始 社会

渡米移植へ、2億8千万円

6月21日号

空き家活用し交流場に

王禅寺みどり町会

空き家活用し交流場に 社会

市内初のモデル事業

6月21日号

「実効性ある条例を」

反ヘイト市民団体

「実効性ある条例を」 社会

市議会議長に意見書提出

6月14日号

若年世代に街の魅力PR

区民会議元メンバー

若年世代に街の魅力PR 社会

区協働事業で冊子作成へ

6月14日号

制定19年、認知低く

市子どもの権利条例

制定19年、認知低く 社会

委員会 支援充実へ提言

6月7日号

教科書に柿生の街並み

教科書に柿生の街並み 教育

次年度の「生活」に登場

6月7日号

「粘るプレー」で全国へ

小学生バドミントン大会

「粘るプレー」で全国へ スポーツ

王禅寺中央の御後(ごご)さん

5月31日号

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

自作ロケットを飛ばそう

自作ロケットを飛ばそう

発明クラブの夏休み企画

7月15日~7月15日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク