麻生区版 掲載号:2019年5月17日号 エリアトップへ

4年ぶり朗読ライブ 区内在住女性ら4人

文化

掲載号:2019年5月17日号

  • LINE
  • hatena
(左から)小脇さん、萩原さん、勝田さん、山縣さん
(左から)小脇さん、萩原さん、勝田さん、山縣さん

 麻生区在住の女性らによるグループ「ろうどく・陪音」が5月23日(木)に朗読ライブを行う。会場は京浜楽器MOUZA(ムーザ) yurigaoka(百合ヶ丘駅南口徒歩3分)で、午後2時開演(30分前開場)。入場料無料。

 同グループは、2006年に女性4人が出演するアメリカ演劇「陪音」を朗読劇として発表したことに由来し、結成。メンバーは小脇貞子さん=高石在住=、山縣民子さん=白鳥在住=、萩原みどりさん=白山在住=、勝田信子さん=横浜市在住。構成や演出などもメンバー同士でアイデアを出し合い行っている。

 朗読ライブは4年ぶりの開催。前回の10回目公演でグループとしては一区切りと考えていたが、周囲の「またやってほしい」という声に応えた。今回は一人ひとりによる時代小説や近代小説の朗読と、オリジナル脚本の朗読劇「華やかなりし頃」を披露。小脇さんは「聴き手に情景が思い浮かぶように表現するのが朗読の面白さ。ぜひ楽しんでください」と話す。

 問合せは小脇さん【電話】044・955・2339。

麻生区版のローカルニュース最新6

はじめてのヨガ体験

【Web限定記事】しんゆり交流空間リリオス

はじめてのヨガ体験 社会

3月27日 体を動かしてリラックス

3月5日号

乾物でおいしい防災食

乾物でおいしい防災食 社会

リンクママが調理紹介

3月5日号

春の旧黒川村を歩く

春の旧黒川村を歩く 文化

4月12日 麻生の歴史散策

3月5日号

東柿生小 石井さんが金賞

川崎西法人会

東柿生小 石井さんが金賞 教育

税の絵はがきコンクール

3月5日号

「なぜ日本で英語講師に」

「なぜ日本で英語講師に」 文化

市民館主催 オンライン講演

3月5日号

クリスマスローズ講習

クリスマスローズ講習 社会

7日、岡上 季の庭で

3月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月26日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

研修会で詐欺防止へ

研修会で詐欺防止へ

動画上映・講演会も

3月12日~3月12日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」中世人の生活の舞台としての鶴見川【6】 「鶴見寺尾絵図2」【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    2月26日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク