麻生区版 掲載号:2019年5月31日号 エリアトップへ

震災のリアル 文芸誌に 批評家 藤田直哉さん

文化

掲載号:2019年5月31日号

  • LINE
  • hatena
「良い作品が出来た」と話す藤田さん
「良い作品が出来た」と話す藤田さん

 日本映画大学の専任講師、和光大学非常勤講師で文芸評論家・批評家としても活動する藤田直哉さん(36)=人物風土記で紹介=がこのほど、東日本大震災を題材にした文芸誌「ららほら」(260ページ・響文社)を創刊した。

 ららほらは震災発生から現在まで、被災地の真の姿を言葉で共有しようと藤田さんが関係者の文章などをまとめたもの。2017年にクラウドファンディングで文芸誌の発行に向けた支援を藤田さんが呼びかけ、100万円以上を調達。創刊にこぎつけた藤田さんは「まずはプロジェクトが達成できたことに安心しています。震災を浮かび上がらせる本になって誇らしく、納得している気持ちもある」と語る。

 完成した同誌は、現地で暮らす被災者4人が震災当時の様子や感じていることを私的に書いた「当事者たち」、被災地で活動するアーティストや映像関係者8人が自身の活動などを綴った「被災地の言葉を集める者たち」などで構成されている。

 「被災地では今、震災をどう感じているのかを知りたかった。今回は全体的に『死』を受け止める内容になっている」と藤田さんは話している。

 ららほらは1200円(税別)でアマゾン等で購入が可能。

創刊された「ららほら」
創刊された「ららほら」

麻生区版のローカルニュース最新6

懐かしの歌で健康に

懐かしの歌で健康に 文化

リリオスで7回目の開催

1月17日号

今年も賑やかに賀詞交歓

今年も賑やかに賀詞交歓 経済

21ホールに230人集う

1月17日号

親子でボール遊びに挑戦

親子でボール遊びに挑戦 スポーツ

オリンピアンが講師

1月17日号

加藤登紀子コンサートwith Yae

V奪還へ意気込み

川崎フロンターレ

V奪還へ意気込み スポーツ

昭和音大で新体制会見

1月17日号

秩父路三大氷柱(つらら)を堪能

秩父路三大氷柱(つらら)を堪能 社会

「日帰りバスツアー」贈呈

1月17日号

7党県代表が年頭談話

7党県代表が年頭談話 政治

五輪イヤーの抱負語る

1月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

懐かしの歌で健康に

懐かしの歌で健康に

リリオスで7回目の開催

1月28日~1月28日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク