麻生区版 掲載号:2019年5月31日号 エリアトップへ

ホワイトファミリーつつみ先生の 歯ウ・トゥ・ケア How To Care vol.14「食後3分の予防ケア」徹底を!

掲載号:2019年5月31日号

  • LINE
  • hatena

 私たちホワイトファミリーは長年、フロスとビッグヘッド歯ブラシを効果的に活用した「食後すぐ、抗菌液をつけての隣接面予防ケア」をあらゆる方に推奨しています。

 歯と歯の間に詰まった食べカスは食後というより食中から、粘性のある細菌膜(バイオフィルム)を増長させ、ネバネバゼリー状のプラークに発展します。バイオフィルムの付着した歯面には唾液の再石灰化は届きませんし、歯ブラシの毛先も届きにくい。私たちが呼びかけるのは、食後の増殖期前のバイオフィルム予防です。それが『食後3分のフロスケア』です。

 フィルムになったゼリー(食後30分で発生)の完全除去は難しく、20分で歯周病菌は体内に侵入します!時間が経ってからの除去ケア(何度も磨く・擦る)で、毛先の開く磨き方は10年後には歯肉退縮や根面露出の原因でもあり、既に身体に侵入した歯周病菌には手遅れですね!

 健康な歯、健康な口腔環境を保つコツは、歯の隣接面に多い隠れ歯周病菌と隠れフィルムの発生をいかに効果的に防ぐか!それに効果的なのが『抗菌液をつけた食後3分での予防Yホルダフロスケア』です。食後は30分ではなく“3分”、除去ケアより“予防ケア”で綺麗を保ちましょう。その方が短時間で簡単・キレイになります!
 

麻生区版のコラム最新6

GO!GO!!フロンターレ

GO!GO!!フロンターレ

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」多くの武士が割拠した鶴見川流域【3】 文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

4月2日号

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」多くの武士が割拠した鶴見川流域【2】 文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

3月26日号

GO!GO!!フロンターレ

GO!GO!!フロンターレ

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

  • 3月12日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

黒川で「ピザ焼き体験」

黒川で「ピザ焼き体験」

GWに野外活動センターで

5月3日~5月5日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter