麻生区版 掲載号:2019年6月7日号 エリアトップへ

6月 June あさおマンスリー 麻生区長  多田貴栄

掲載号:2019年6月7日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市では「かわさきの食育」を合言葉に、すべての世代を対象に食育を推進しています。

『か』らだをつくる、

『わ』を大切にする、

『さ』いがいに備える、

『き』ゅうしょくから伝わる。この中で「わ」は、家族や友人と一緒に話をしながら楽しく食事をすること(輪食、話食)、食品ロスを減らすことや食料の生産から消費までを意識すること(環食)、家庭や地域の食文化を伝えること(和食)として取り組んでいます。

 麻生区でも、食育推進分科会の皆さんが、若い世代への働きかけとして子育てフェスタや区内の大学と連携したお祭りで、パネル展示や野菜計りゲームをおこなって食育啓発に取り組まれています。

 麻生区には多くの農地があり、新鮮な野菜や果物を身近な場所で手に入れられる素晴らしい環境があります。地元で育てられた作物を意識して食べることで、地域の農業や地産地消への理解が深まると思います。麻生区役所では、毎月19日の食育の日を中心に、レストランあさおやセレサモス麻生店の協力で「かわさきそだちランチ」をご提供しています。6月は18日(火)10時から(なくなり次第終了)です。当日は、2階ロビーで特別イベント「食の環(わ)展&野菜直売会」も行われます。ぜひ皆様のご来場をお待ちしています。
 

麻生区版のコラム最新6

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」 板碑に刻まれた「主君」は武将か僧侶か―建長七年銘板碑から地域社会を考える―【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

9月17日号

ナラ枯れ大発生

区民記者が走る! vol.5 2021年 September

ナラ枯れ大発生

9月17日号

GO!GO!!フロンターレ

GO!GO!!フロンターレ

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」 板碑に刻まれた「主君」は武将か僧侶か―建長七年銘板碑から地域社会を考える―【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

9月10日号

GO!GO!!フロンターレ

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地下トンネル仕組み学ぶ

地下トンネル仕組み学ぶ

9月26日 オンラインで

9月26日~9月26日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • ナラ枯れ大発生

    区民記者が走る! vol.5 2021年 September

    ナラ枯れ大発生

    9月17日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」 板碑に刻まれた「主君」は武将か僧侶か―建長七年銘板碑から地域社会を考える―【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    9月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook