麻生区版 掲載号:2019年7月5日号 エリアトップへ

2019-2020年度川崎麻生ロータリークラブ会長の 親松 明さん 早野在住 78歳

掲載号:2019年7月5日号

  • LINE
  • hatena

名前を誇り地域に恩返し

 ○…社会奉仕団体「麻生ロータリークラブ」の会長に7月から就任した。2回目の会長職だが、良い意味で肩に力は入っていない。2年後の設立30周年に向けて「派手なことはせず、力を蓄えて明るく楽しい例会をやっていきたい」と抱負を語る。進んでいく未来に向けて自然体で臨む一年だ。

 ○…祖父、父、おじと

代々続く大工の家に生まれ、自身も高校卒業後に大工の道へ。同時に家族で世田谷から麻生の地に引っ越してきた。「親松工務店」の事務所がある青葉区市ヶ尾や麻生に親戚、友人はおらず「まっくらけ、何をやっていいか分からない状態」からのスタート。狩猟や麻雀、ゴルフで地元の仲間を広げ、確実な業務で新たな仕事につなげてきた。大工の良さは「お客さんに喜んでもらえて、その後何十年ものつきあいがあること」と笑顔を見せる。まったく知らない土地だったが地域に根を張り、60年が経つ。

 ○…海外旅行が好きで、台湾には1年に数回訪れることも。再び行きたいのは「ケニア」と即答。30年ほど前、数回の乗継を経てたどり着いた地は「雄大な自然と、星が美しくて」と今でも景色が思い浮かぶ。子どもや5人の孫も近隣に住むが現在は妻と2人暮らしだ。「みんな近所に住んでいるから寂しくはないけど、二人三脚の生活だね」としみじみと語る。

 ○…ロータリーには異業種の人々が集まる。さまざまな職種と知り合えるからこそ、趣味や仕事など何かプラスになることに結びついた。年々「親松」の名前に誇りと責任を感じているという。「『親松』にはどっしりとした響きがあると思う。良いイメージでインプットされた名前のように行動していければ」。地域の縁や恩に感謝し「やってもらったことを少しでも返していけたら」

麻生区版の人物風土記最新6

小泉 清さん

国交省から表彰を受けた早野聖地公園里山ボランティアの会長を務める

小泉 清さん

上麻生在住 71歳

8月9日号

萩坂 心一さん

平和の大切さを継承する市民団体「平和を願う会」で共同代表を務める

萩坂 心一さん

多摩区在住 61歳

8月2日号

永井 和美さん

子育てママの地域ネットワーク「Linkmama」の代表を務める

永井 和美さん

栗平在住 44歳

7月26日号

三輪 輝子さん

創作人形作家で7月25日から都内で個展を開催する

三輪 輝子さん

王禅寺西在住 71歳

7月19日号

成田 正弘さん

川崎白百合ライオンズクラブの2019-20年度会長を務める

成田 正弘さん

五力田在住 44歳

7月12日号

辻村 一男さん

7月に恩廻公園調節池の見学会を行う「CCあさお」代表の

辻村 一男さん

王禅寺西在住 77歳

6月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

活弁付上映を野外で

活弁付上映を野外で

西生田小で初開催

8月24日~8月24日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第155回 シリーズ「麻生の歴史を探る」蚕影山信仰 後編 文:小島一也(遺稿)

    8月9日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク