麻生区版 掲載号:2019年7月12日号 エリアトップへ

あさお落書き消し隊 社会貢献者表彰を受賞 美化と防犯に取組む

社会

掲載号:2019年7月12日号

  • LINE
  • hatena
大きな落書きを消す作業(過去の様子)=同隊提供
大きな落書きを消す作業(過去の様子)=同隊提供

 区内の公共物などに書かれた落書き消しを行う団体「あさお落書き消し隊」が、社会貢献者表彰を受賞することになった。同団体は15年前の結成から現在まで、街の美化と犯罪の芽を摘む活動を続けている。

 社会貢献者表彰事業は人や社会のために尽くした個人や団体を表彰するもので日本財団が助成し開催。年2回表彰が行われる。52回目の今回は、全国から37件が受賞。7月22日に都内で表彰式が行われる。同団体は活動に関する新聞記事が主催者の目に止まったことを機に表彰対象となった。

 同団体結成のきっかけは、1998年に新百合ヶ丘駅周辺地区が「都市景観大賞」(都市景観100選)に選ばれたことと、その後の街の状況だ。2000年頃から同駅ロータリーやペデストリアンデッキは落書きで汚され、近隣住民からは苦情の声も挙がったという。市民の間で「なんとかしたい」という気運が高まり、新百合ヶ丘駅周辺景観形成協議会と麻生まちづくり市民の会が協働で2005年に「あさお落書き消し隊」を結成。同駅周辺のほか、「出前落書き消し」として百合ヶ丘駅、柿生駅周辺、川崎駅前などでも実施する。15年には「川崎市都市景観形成協力者表彰」を受賞した。

 モットーは「書かれたらすぐに消す」。初めは消してもすぐに同じ場所に書かれることも多かったが、活動を繰り返すことで徐々に落書きは減少。白井勇隊長は「落書きは書き手のアピールの1つ。街が汚くなることで犯罪が多発することを未然に防ぎたい」と話す。

市民、官民が協働

 年1、2回は大規模な落書き消しを行う同隊。10人ほどのメンバーに加え市民ボランティアや区職員、地元企業、警察なども参加し、多いときには70人ほどにもなる。また区内の落書きは常に情報交換し対処している。

 一方で社会貢献という言葉には違和感もあるという白井隊長。「本来ならば落書き消しはない方が良い活動。しかし活動を止めると書かれてしまうので続けていかざるを得ない」と悩ませる。今後は「街の美化と『まちを見ているよ』という防犯のメッセージを含めてやっていきたい」。

麻生区版のトップニュース最新6

川崎時代、糸口つかむ

ノーベル賞吉野氏

川崎時代、糸口つかむ 経済

82年 「空白の時間」に発見

10月18日号

8割が「レッド指定」か

土砂災害警戒区域

8割が「レッド指定」か 社会

県、市内6区で調査

10月18日号

機能・役割 検証へ

市立・公的医療8施設

機能・役割 検証へ 社会

井田病院、国から「議論必要」

10月11日号

住宅地 横ばい傾向続く

麻生区基準地価

住宅地 横ばい傾向続く 経済

商業地の伸び 市内トップ

10月11日号

市立校に半年で320万円

学校ふるさと応援寄附金

市立校に半年で320万円 教育

市民から周知不足指摘も

10月4日号

自転車に保険加入義務

自転車に保険加入義務 社会

県条例 10月から本格開始

10月4日号

悲願の全国 納得の演奏を

桐光学園合唱部

悲願の全国 納得の演奏を 教育

来月開催のNコンに初出場

9月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月20日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

秋の歌声喫茶

秋の歌声喫茶

交流館やまゆりで26日

10月26日~10月26日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第159回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 後編 文:小島一也(遺稿)

    10月11日号

  • あさおマンスリー

    10月 October

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    10月4日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第158回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 前編 文:小島一也(遺稿)

    10月4日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク