麻生区版 掲載号:2019年7月12日号 エリアトップへ

川崎白百合ライオンズクラブの2019-20年度会長を務める 成田 正弘さん 五力田在住 44歳

掲載号:2019年7月12日号

  • LINE
  • hatena

感謝を伝えられる存在に

 ○…盲導犬の理解促進やスポーツを通じた青少年健全育成など、さまざまな奉仕活動を行っている川崎白百合ライオンズクラブ。30代後半からメンバーとして活動してきたが「まだまだ団体として認知度に課題がある。SNS等も活用した『知ってもらうアクション』を考えないと」と、若手の視点でクラブ活性化に知恵を絞る。

 ○…生まれ育ちは麻生区で、高校卒業後にアメリカへ渡り5年間マーケティングを学んだ。「本当は浪人してこっちで大学受験をしたかったんですが」と本音を漏らしつつも「アメリカで学ぶうちに自分の中で許容できる幅が広がったのは良い経験になった」。帰国後は大手広告代理店などに勤め、父親の経営するイベント企画会社が40周年を迎えたことを機に代表を引き継いだ。

 ○…(有)エー企画の代表取締役として地元から全国まで、多岐に渡るイベント制作の仕事に励む日々。「1回の評判がその後の仕事に影響するから絶対に手は抜けない」。ライオンズクラブのほかに川崎西法人会青年部の活動も重なり「普段は常に仕事のことを考えているから、地域団体の活動をしている時がオフのような側面はあります。でもそれが息抜きということではないです」。

 ○…「こうしたらもっと良くなるのでは、と平等に意見が言い合えるのがライオンズクラブ。幅広い世代と交流して気づいたら地元意識が強くなっていました」と笑顔を見せる。今年のテーマは「地域に根付いた奉仕活動」と決めた。「地元を良くしたいという取り組みを通じてクラブをもっと身近に感じてもらえたら。自然と『ありがとう』って言ってもらえる存在にしていきたい」。若手、ベテラン関係なく地域への思いを共有し、舵取り役の1年が始まった。

麻生区版の人物風土記最新6

三輪 輝子さん

創作人形作家で7月25日から都内で個展を開催する

三輪 輝子さん

王禅寺西在住 71歳

7月19日号

親松 明さん

2019-2020年度川崎麻生ロータリークラブ会長の

親松 明さん

早野在住 78歳

7月5日号

辻村 一男さん

7月に恩廻公園調節池の見学会を行う「CCあさお」代表の

辻村 一男さん

王禅寺西在住 77歳

6月28日号

米倉 日呂登(ひろと)さん

白山子ども図書館ほんの森で6月29日、父親の作品の朗読などを行う

米倉 日呂登(ひろと)さん

王禅寺西在住 60歳

6月21日号

アリマ・ジュンコさん本名・森原順子

イラストレーターとして6年ぶりとなる個展を都内で開催する

アリマ・ジュンコさん本名・森原順子

千代ヶ丘在住 70歳

6月14日号

中野 浩さん

桐光学園中学校・高等学校の校長に就任した

中野 浩さん

横浜市在住 61歳

6月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

夏祭りシーズン到来

夏祭りシーズン到来

区内の開催情報(7月)

7月20日~7月27日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第153回 シリーズ「麻生の歴史を探る」大山講 〜雨乞い〜 後編 文:小島一也(遺稿)

    7月12日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク